サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


保証会社は永遠に家賃保証するのですか | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
保証会社は永遠に家賃保証するのですか

保証会社は永遠に家賃保証するのかについて

 

 


不動産賃貸業は信用ビジネスとも呼ぶことができると思います。

 

 

本来であれば、賃貸経営者には、審査によって信用できる人だけを選んで、


入居させる権利があります。

 

 

しかし人口減少による空室率の増加が慢性的になっている状況では、


入居者を選んでいる状況ではないかもしれません。

 


家賃滞納保証会社の代位弁済率も年々増え続けているらしい。

 

 

なので、保証会社未加入の借主の方には、

 

将来のために、保証会社の審査を受けて欲しいと、

 

思っている大家さんもいるかもしれない。

 

 

現在入居中で保証会社未加入の借主の方であっても、


家賃保証会社の家賃保証制度を、利用することはできますが、


一応審査が行われます。

 

 

審査時に毎月の家賃のご入金状況の確認を行っていますし。

 

条件として、現在まで家賃遅れがないことが前提となってきます。

 

 

ちなみに、保証会社は家賃滞納した入居者との折衝では、


まずしっかり話をうかがって、賃借人の収入などの状況を把握し、


無理のない入金計画をさせます。

 


入金の見込みのない入居者には、単に退去を促すのではなく、


生活保護などの、より良い状態での家賃入金の正常化を、

 

提案しているのです。

 

 

ちなみに、扉をロックしたりカギを交換したりするなど、


強制的に部屋の出入りをできなくする行為などは、


道義上一切行わなくなっています。

 


あくまでも、法令に準拠した対応をとっています。

 


空室率の上昇が、家賃保証会社代位弁済率の上昇に、

 

つながっていると言われています。

 

 

なぜなら、審査を緩くして入居率を上げているからです。

 

 

賃貸物件が増える中、このところ保証会社審査はゆるく、

 

建前ばかりのものになってきている傾向です。

 

 

賃貸仲介会社が付けてくれたお客様を断ることは


少なくなっています。

 

というのも、管理会社でさえ仲介会社が付けてくれたお客様を、


はっきり断ることはほとんどありません。

 

 

もし、断ることがあったりすると、仲介会社が自分の物件に、


客付けをしてくれなくなって、

 

空室が増えることにつながるからです。

 


本当に空室率の増加が、大家さんの自由を奪いかねませんね。

 

 

現在の賃貸の状況では大家さんには、絶対的な権力はなく、

 

空室に頭を痛めて、どうしたらお客様に入室してもらえるかばかりを、

 

考えるサービス業になって来ている兆しがあるのですね。 

 

 

ところで、賃貸借契約の解除について述べておきます。

 

 

オーナーは保証会社から家賃を受け取っておりますので、


何の損害も受けてないと解釈され、


一方的に賃貸借契約を解除する事は出来ないとなっています。

 

 

保証会社と相談の上、契約書の条項に従い、入居者の方に、

 

退去通知の予告を内容証明で送る形を取るということですね。

 


保証会社が家賃保証をしているからと言って、

 

安心することはできません。

 

 

保証会社は一度でも滞納事故を起こした入居者の更新は渋る一方です。

 

 

特にうっかり忘れ以外の滞納事故には、注意する必要がありますね。

 

 

更新されない可能性が高いのです。

 

 

契約満了時に契約更新がされませんので、

 

もし滞納事故が起これば、自主管理物件においては、

 

今度は取り立てはオーナーがしなければならないく、

 

その心づもりをしておかなければならない。

 

 


家賃保証会社の保証期間が終わってしまった場合、


当然、保証会社とは契約が切れてしまう。

 


家賃を滞納し、保証会社より支払ってもらっている借主に対して、

 

その保証会社の保証期間が終了するということは、滞納が発生すれば


今度は取り立ては、オーナーがしなければならないということです。

 


つまり、保証会社が永遠に払ってくれることではありません。

 

 

契約期間中なら保証会社は家賃保証しますが、

 

契約期間が過ぎると、保証会社は家賃保証しませんので、

 

その後3か月程度の猶予期間を見て、家賃滞納があれば、

 

明け渡し訴訟に踏み切らざるを得ません。

 


明け渡し訴訟はオーナーが行わなければならないわけです。

 

 

家賃滞納保証会社と賃貸の状況について

 

(保証会社は永遠に家賃保証するのですか)についでした。

 

 

もっとも、最近は保証会社の取り組みも変わってきており、

 

保証契約を、自動更新される仕組みになっていて、

,
契約期間が終わったら放置されてしまうわけではなく、


入居者の方が退去するまでは責任を持って、

 

対応してもらえるようになっていますね。

 

 

家賃の立て替えをしても、

 

一度も家賃のとりっぱぐれがない借主の場合は、

 

10年間は安心ということになります。

 

 

ちなみに10年間過ぎた場合は、

 

初めの状態になって、借主の入居審査をして、

 

改めて保証料を払うシステムになっているところが多い。

 

 


保証会社は、家賃の入金がされなければ、


通常は2か月滞納が続いた時点で大家と協議の上、


入居者の立ち退き交渉に入る。

 

 

つまり、万一の場合の立ち退き交渉は保証会社が行ってくれます。

 

 

ほとんどの保証会社では、一度も滞納がなく、

 

立て替えが発生したことがない借主に対しては、


更新料無料で10年間自動更新されるシステムになっています。

 

 

 

 

 

関連記事
保証人ビジネス(賃貸契約には身元保証人+保証会社が必要)

家賃保証会社利用に伴う注意点(法的手続きによらない行為はやってはいけない)

滞納リスクと空室リスクは違う(滞納と空室の会計処理は違う)

賃貸保証会社審査

 

入居申込後のキャンセルと賃貸契約締結後のキャンセル

入居者のとって、賃借人保証会社のメリット

賃貸保証会社保証料と更新料

賃借人保証会社の現状はどうなってますか

家賃滞納にはどう対処する。

家賃滞納者への対応は滞納保証会社を利用する

確定申告 不動産 滞納家賃の記入の仕方

確定申告 家賃滞納したまま退去した場合の書き方

保証会社は永遠に家賃保証するのか


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/1916
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク