サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


不動産会社も相手を選んでいる | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
不動産会社も相手を選んでいる
不動産会社も相手を選んでいる



投資用不動産を探すとき、ネットで物件情報を探したり、


情報誌を見たりしてある程度候補を絞ることができます。


しかしその後は、不動産会社と交渉することになります。


投資用不動産を購入する際の仲介会社の担当者は特に重要です。


不動産投資も結局は、人間関係の中で行うものだからです。



取引きの際は、売主、仲介会社、銀行、司法書士、


不動産鑑定士などいろいろな人のお世話になります。



物件を購入して、実際に賃貸を始めてからも、


賃貸の仲介会社、管理会社などに、


頑張ってもらわなければなりません。



不動産投資は、いろいろな場面で人との出会いがあり、


交渉や駆け引きが続きます。



投資用不動産を購入する際に仲介会社の担当者は特に重要ですが、


実は、不動産会社も相手を選んでいます。


お客さんを選定するためには、顧客情報を入手する必要があります。



インターネットや、広告チラシ等には、


物件の所在地までは書いていないのはなぜか。


表向きの理由は、売主の個人情報保護だとわかりますが、


全部広告に書いてしまえば、購入見込客は売却物件の特定ができ、


勝手に見に行くことが可能になります。



広告主である仲介会社の知らないうちに、


たまたまその物件を取り扱う他の業者との間で、


交渉が進むということもありえます。



それでは、広告主である不動産会社は広告費だけ支払って、


ビジネスチャンスを失うことになってしまいます。



それを避けるために、所在地を載せていないわけですが、


新聞、インターネットでの物件広告は、


興味を持っていただいた購入見込者からの連絡を待つのが主たる目的です。


興味を持った人は、当然その物件の詳細を尋ねようと問い合わせをします。



なので、業者としては、その物件広告には、


マイナスイメージは載せられません。



できるだけ興味を持っていただけるように表示するはずです。



悪いところは表示せず、問い合わせをいただいてから、


物件説明を始めます。



要は、不動産購入意思を持っている人の存在を、


仲介会社の担当者は知りたいわけです。


そのための広告です。


つまり、物件の問い合わせをしても、担当者が不在ですので、


こちらから折り返しお電話をいたしますと言って、


お電話番号とお名前をお聞かせ下さいということになるわけです。


これは決まり文句で、数分後に本当に電話がかかってきます。



業者は、誰でもこのような対応をします。



たまたま担当者が営業に出ているということもあるでしょうが、


業者によっては担当者がそばにいてもそうします。



もっとも、担当者しか物件詳細を知らないということもありますが、


ほとんどの場合、問い合わせた客の連絡先と名前をうかがっておけば、


いつでも営業をかけることができますし、別件の紹介先としても、


見込み客リストに入れておくことができます。



したがって、不動産会社に安易に質問したり、聞いたりすれば、


こちらの個人情報も分ってしまうことになりますので、


もっとも、不動産会社は仕事だから答えたり、情報提供したりしますが、


当然売るために行動します、それは営業活動の一環です。



なんといっても、投資用不動産は、


仲介する担当者の力量がものを言います。



最初のうちは、物件選びよりも、仲介担当者選びの方に、


比重を掛けたほうが良いでしょうね。


売りつけよう、売りつけたら終わりというスタンスが露骨な、


担当者は交渉相手として外さなければならないですね。



もっとも、不動産取引でもなんでも相性がありますので、


自分に合った担当者を探す必要があります。



物件情報を提供してくれ、判断のアドバイスをしてくれる仲介担当者は、


不動産投資のよきパートナーになります。



信頼できる仲介担当者が見つかると、


司法書士などワンセットのチームが出来上がっています。


銀行も紹介してくれます。



その結果、買い手はどこの誰で、どういう属性で、


資産がこのぐらいあって、といういちいちの説明が全部省けます。



そうなれば、不動産投資で成功する確率がぐんと高まりますよ。



不動産会社の方も、物件を一つ売って終わりという感覚ではありません。



次も買ってくれるかもしれないし、


将来は売却もあるかもしれないと思って親身にやってくれます。



不動産投資は、インターネットで検索したり情報を集めたとしても、


結局、最後は人間関係の中で行うものになります。


不動産投資は信頼できる担当者を見つけることが大事になってきます。



スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/1930
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク