サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


私は不動産投資をどのようにして始めたか | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
私は不動産投資をどのようにして始めたか

苦悩し、考え続けた末に見つけた不動産投資の考え方と手法

大家になるには
最初の1戸をどう手に入れたらよいのか
私は不動産投資をどのようにして始めたか


私は不動産投資をどのようにして始めたか

 

 

 

 

いきなり不動産投資を始めるといっても、


簡単に始められるものではありません。

 


日頃見慣れている住宅も、借りて住む側や、買って住む側から、


貸す側に代わると未知の世界です。

 

最初は、雑誌やホームページに載ってるような部屋を、


私が持つのが信じられないくらい、


リフォームなんてできないし、こりゃ困った。


そうですよね、人に部屋を貸すなんて、


どうやって運営しているのかを、

 

考えたこともなかったんですから。

 


家を貸すなんて、特別なお金持ちの人にしか、

 

できないと思っていたものだから、


貯金を1000万円位貯めないといけないのかなと、

 

思ったりして。

 

 

でも、世の中に大家さんだって、


自分の力で一から物件を入手して、貸しているんだから、


それなら、サラリーマンをやって安定した基盤があるのなら、


私にも大家さんになれるはずとずぶの素人ながら思ったのです。

 

 

こういうパターンで私も不動産投資を始めたのですが、

 


知り合いは、貸家を持つときに、競売を利用していたので、


私も挑戦と思ったものの、


え、あの競売で家を買ってどうやって貸すのって、

 

まったくイメージがわかなかったのです。

 

競売ってヤフーオークションなどと、

 

同じオークションなんですよ。

 


それで家を買えるって信じられますか。

 

 


知り合いによると、競売に参加するときは、


インターネットのbitという所から入るんだって、


bitを見る必要があるってと言うけれど、

 

これがまた謎なんです。

 


不動産投資を始めようと思った時、

 

私には賃貸業の知識はなかった。

 


それでもサラリーマンとして勤めていたときに、


ローンを使って、マイホームを取得していたので、


不動産のことについては、少しは知っていたので、


何とかやれないものだろうかと考えていた。

 

 

だが、不動産投資や運営については本当に自信はなかった。

 

初めて賃貸住宅をみて、それには一方には、

 

大家という貸主がいて、


もう一方には、その住宅を借りる店子がいる。

 

そこで賃貸契約によって、

 

借主と貸主があるのだなぁと思ったほどです。

 

 

そこで、マイホームを人に貸して、

 

自分の住むところはもう一件買って、

 

そこを貸せば不動産投資だなあと思った程です。

 

 

不動産投資についての本なども、当時は、書店には1冊もなく、


ロバートキヨサキの金持ち父さん貧乏父さんの本もまだ出ていませんし、


現在とは考えられないくらい情報が不足していたのですね。

 

 

そんななか、私にできることは、全身全霊をかけて、


賃貸経営に打ち込むことだけしかなかったのです。

 

 

しかし、物件の不具合について入居者は、


持ち主である私にクレームをつけてくる。

 


私は、賃貸経営を始めたばかりの零細大家だったので、


一つでも、判断を間違えれば、賃貸経営はすぐに傾いてしまう。

 

 

と思ったのです。

 

そんな時、私は何を基準に判断すべきなのか、

 

いかにして経営にあたるべきなのか、

 

ずいぶん思い悩んだのです。

 


もし、賃貸経営を進めていくうえで、

 

理屈に合わなかったり、道徳に反することを行えば、

 

経営は決してうまくいくはずがないと思ったのです。

 

 

そうであれば、賃貸業の知識も経験もないのだから、


すべてのことを原理原則に照らして判断していこうと、


直面した一つ一つの問題について、

 

そうだ、こうでなければならないと、


心から納得できるやり方で、

 

道を切り開いていくしかなかったのです。

 

 

こうして、原理原則、つまり、世間で言う筋の通る、


人間として正しいことに基づいて、

 

不動産投資していこうと決めたのです。

 

 

今振り返ってみると、それまで不動産投資や、


賃貸業の経営の常識とされるものに、

 

触れたことがなかったということが、


かえって幸いしたのだろうと思う。

 

 

賃貸経営のあらゆることについて、一から理解し、


納得してから判断しようとしたので、


賃貸経営とはいかにあるべきかという経営の本質を、


つねに考えるようになりました。

 

 
不動産の管理についても全く同じことですね。

 

 

つねにその本質を考えるようにしていたので、

 

自らが予想したものと実際の内容とが食い違う場合、

 


すぐに管理会社の担当者から、

 

詳しく説明してもらうようにした。

 

 

私が知りたかったのは、不動産賃貸業、

 

管理についての取扱説明書的な解説ではなく、

 

賃貸事業の本質とそこに働く原理なのだが、


不動産仲介会社や管理会社の担当者からは、


そのような答えを往々にして得ることができなかった。

 

だから私は、管理運営はこのようになると管理会社に言われても、


それはなぜかと、納得できるまで質問を重ねていった。

 


私は、疑問に思ったことはどんな些細なことでも、


管理会社に遠慮なく質問をぶつけた。

 


なぜ、家賃があげられないのか、

 

なぜ入居者が決まらないのか、


経営の立場からはこうなるはずだが、


など根ほり葉ほり、なぜを繰り返したのである。

 

そのようにして、私は不動産投資の知識を身につけていきました。

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク