サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


キャッシュフローを生む投資戦略をどう付ける | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
キャッシュフローを生む投資戦略をどう付ける
キャッシュフローを生む投資戦略をどう付ける。



いくら利回りが高くても、借入金の返済は、


税金を払った後のキャッシュからしかできない。



不動産賃貸業から借入金の返済に充てることが出来るのは、


物件から入る家賃収入になります。


土地値の高い物件は融資を受ける際は有利ですが、


往々にして、キャッシュフローを生まないことが多いのです。



キャッシュよりも、資産をつくりたいのなら、


土地の価値にこだわった方がいいですが、


借入金の返済には、資産じゃなくて、


キャッシュフローが必要になってくる。


もっとも、借入金返済に伴うリスクは、


事業から上がるキャッシュフローで、繰り上げ返済を行い、


ローンの期間をなるべく短縮することで防げることがある。



不動産投資初期は、キャッシュを最優先に考えつつ、


ある程度キャッシュが貯まってくると、


それを元手に資産価値のある物件へと、


シフトして行くのがいいと思う。




不動産投資に使った資金は、


不動産投資によって回収しなければならない。


となれば、キャッシュフローに余裕がなければ、


修繕などの問題に追いかけられるばかりで、


将来をみすえた手が打てなくなるばかりです。



なので必要に応じて使えるお金である自己資金を、


十分に持てるようにしなければならないのです。



そのためには、キャッシュフローを生む物件を持って、


資金を厚くする以外に方法はないとなってくる。



つまり、不動産投資の安定度を測る指標である自己資本の比率を、


上げなければならない。


そのためには、キャッシュフロー重視の投資にする必要がある。



まぁ、路線価の高い物件は、銀行融資では有利だという程度の認識でいいと思う。




不動産投資は資産性や収益性よりも手元の現金が大事

資産価値のある物件と、キャッシュフローの望める物件の両方の物件を持つ


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク