サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


投資家としての実績作りになる住居付き収益物件 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
投資家としての実績作りになる住居付き収益物件
投資家としての実績作りになる住居付き収益物件


融資が焦げ付いた場合に、


融資担当者の責任が問われやすい不動産投資ローンに比べて、


住宅ローンは、毎月の給料が返済原資になる案件なので、


銀行の担当者も取り組みやすく、融資が通りやすいらしい。



なので、住居付き収益物件を住宅ローンで購入する投資方法は、


以前からささやかれている投資法ですが、


ここで改めて考えてみたいと思います。



不動産投資ローンが、おりにくい一番目の理由は、


融資を受ける人の返済能力があげられます。



住宅ローンは、投資用ローンに比べて、


融資がひきやすい利点があります。



不安定なフリーターや派遣社員などの、


収入が低い人でも融資が受けられる可能性があります。



このメリットを生かして、これから将来、収益物件を購入して、


不動産投資家になり、さらなる拡大をしたい人にとって、


住居付き収益物件を運営していることが、


不動産投資の実績作りになると考えられるのです。



というのも、これから不動産投資に参入していくための、


属性つくりというところがあり、


それなりに年収の高いサラリーマンは、


銀行が出しているアパートローンという企画を使って、


比較的容易に収益物件を買うことができます。




しかし、低属性で低収入の人は、


勤続年数、年収、その他、勤務先の条件を、


クリアーしなくてはならず、


なかなかアパートローンを利用することができません。



つまり低収入、低属性の人にはアパートローンは、


利用しにくいものです。


そんな人でも規模拡大をすることができる方法が、


住居付き収益物件を使って実績作りをしていく方法です。



初めに、住宅ローンで住居付き収益物件を買って、


収益が上がるアパート部分を、


しっかりと満室に近い状態で運営する。



その上がってきた収益を銀行に貯えていきます。



もっとも、住居付き収益物件での煩わしい入居者との関係は、


管理会社を利用することによって防ぐことができます。



こうしたしっかりと運営し収益を上げ、返済、貯蓄することで、


銀行の信頼を得ることができることになります。



こうやって住宅ローンを使って実績を作った後だと、


次にアパートローンで融資を受ける場合、


融資をしてくれる可能性が格段に高まってくるのです。


そして、さらに事業用ローンであるプロパーローンへと、


進んでいけるわけです。



スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク