サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


自主管理物件のクレーム問題と対策 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
自主管理物件のクレーム問題と対策

自主管理物件のクレーム問題と対策



賃貸物件のクレームにはさまざまなものがあります。



入居者と賃貸契約をした後は、


もう一度部屋の中を点検する必要がありますね。



掃除は行き届いたか。


インターフォンは鳴るか、


テレビは映るか。


床のきしみはないか。


浴室、キッチン、洗面所の給湯器の状態すべてチェックしておきましょう。



キッチン、バス、トイレ、エアコン、


インターフォンなどの電気関係。


それから、これから起こり得るクレームには、


水漏れ、雨漏り、排水溝のつまりなど、


緊急を要する問題もあります。



こららのクレームの処理には、


万全を尽くさなければならないですね。



当然、クレームが発生してから修繕業者を探すといった、


場当たり的な対応は、避ける必要はあります。



いつでも電話一本で対処できるメンテナンス業者を、


確保しておくことが重要になります。



クレームに対してもっとも大事なことは誠実さを持つことですね。



あらゆるクレームを頭の中に描き、


起こりそうな問題や困難について


日頃から考えておく必要があるのですね。



もし、雨漏りが起こったらどうするか、


排水管が詰まったらどうするか、


もし、給湯器が故障したらどうすれば良いのかなど、


前もってこういった問題についての解決策を、


考え抜いておくことが、最大のクレーム対策になり、


実際に問題に直面した時に、


それに立ち向かってゆく真の強さと、


勇気を与えるものですね。



こういった落とし穴を避けて、入居者に快く、


長く住んでもらう工夫が大事です。



あらゆる起こり得るトラブルを徹底的に考えておきます。



いま、考えておけば、後でいろいろな問題に悩むこともないでしょう。



賃貸物件のクレーム処理はたったひとつのミスや、


ほんのわずかな不注意だったりすることも少なくありません。



一つのミス、一つの妥協、一つの手抜きも許さない心つもりが必要です。



100%を目指すパーフェクトな取り組みがついて回ります。



入居が始まって、設備の不良が発生してしまう事が起こってしまうと、


新生活を心待ちに期待していただいていた入居者に


失望感と多大な迷惑やを与えてしまいます。



お互い、気まずい思いをしなければなりません。



このようなことから、賃貸物件には完璧なものが要求されるのです。



そのうえでもし、万一クレームが発生しても、


いつでも駆けつけてくれる業者を確保しておく必要があります。



それはリフォーム業者あっても、


職人さんや大工さんでもいいですが。


いつも、物件のリフォームをやってもらっている業者でいいでしょう。



リフォームをやってもらっている業者との、


信頼関係を築いておくことが大事ですね。



小さな誤りや不具合を防ぐためには、最初から最後まで、


神経を鋭く行き渡らせていくしかありませんよね。



日頃からそんなことを意識していけば、習慣になっていくはずです。



どんな些細なことにも気を込めたいですね、


100%クレームを起こさせない態勢をしておきましょう。



そのような完璧主義を貫くことで、


ミスが少なくなるどころか、問題が起きた時でも、


すぐに問題の核心をつかみ、


良心的な対処が取れるはずですね。



たとえボロボロの物件であっても、


絶対にクレームは起こさない心構えで望み、


クレームが起こりそうなところはすべてチェックしておき、


100%自信が持てるまで、徹底して、


細部まで注意を払う心つもりを持っておきましょう。



賃貸事業でもなんでも仕事ができる人、結果を残せる人は、


雑なことはしない、完璧主義を貫く姿勢が、


身についている人だったりしますね。



別に、手の切れるようなすばらしい物件を作るということではなく、


最低限、入居者や、関係する業者にまで、


不快な気持ちを起こさせない気配りが必要だと思います。



日々完璧を目指すことは厳しく、難しいことです。



しかし、本当に満足できる賃貸住宅をめざすなら、


完璧を目指すことしか方法がないこともまた、


歴然たる事実だと思います。




賃貸経営を実際にやってみる

自主管理物件のクレーム問題と対策


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク