サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


つなぎ融資について | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
つなぎ融資について

つなぎ融資について あれこれ




つなぎ融資とは、住宅の購入や建設において、


決済から、実際に住宅ローンの資金を受け取るまでの、


短期間だけ借り入れる融資のことでありますが


所有権の移転と抵当権の設定とローンの実行を同時にしてしまう、


同時決済を行うなら、つなぎ融資を利用せずにすみます。



住宅ローンの融資実行日と住宅の代金の支払日を調整して、

同一の日に行えばいいのですが、金融機関の融資条件や

住宅の取引内容等によっては、どうしてもつなぎ融資が

必要な場合があります。






マイホーム買い替えのときに 新しい家の頭金に


それまで住んでいた家の売却代金を当てようとする時、


新しい家は手に入れたものの、


元の家がなかなか売れないと、いつまでも、


引っ越しができなくなる可能性があります。





そうなると、後の資金繰りが大変です。


その時の資金を埋めるためにつなぎ融資を利用します。




ローンを組む時には住宅の登記をしていないと


抵当権を設定できないのに、実際に住宅の登記ができるのは、


受け取った融資で残金決済をして、


物件の引き渡しを受けた後になるため、


このような資金確保のタイミングのずれを解消し、


売買等の取引をスムーズに行うために、


つなぎ融資が必要になるわけです。





もっとも、新築物件などに移る時に残金を決済する前に


入居させてもらう先行入居の場合は必要ないです。




住宅を買い替える人は、


たとえつなぎ資金が借りられたとしても、


その分の金利は負担しなければなりませんし、


元の物件に住宅ローンが残っていれば


二重に金利を払うことになります。





また固定資産税などの租税公課も、


当然新旧2軒分かかってくるわけです。





買い替えの場合当然元の家を売却しても、


次の家を探すまでには、しばらく期間がかかりますので、


家の売却の時に、一か月位先の日を決めて、


それまでに次の家を見つけることを条件に、


元の家の買主に承知してもらう必要があるのです。




そのためにも仲介に入る不動産屋さんは、


売りも買いも同じ不動産屋さんにした方が、


スムーズにいきます。



つなぎ融資は全ての金融機関が、


扱っているわけではないため、


申し込み前によく確認しておきましょう。




住宅ローンとつなぎ融資は同じ銀行でするのが基本ですが、


別々の金融機関でも問題ありません。




例えば住宅ローンは都銀で借りて、

つなぎ融資は別の銀行で借りることになります。



適当な銀行が見当たらない場合は、


仲介会社の不動産屋さんの取引のある銀行で、


つなぎ融資をしてくれる可能性があります。
 

 


つなぎ融資の金利ですが、短期間しか借りないので、


住宅ローンよりも、若干高くなりますが、


心配するほど高くはないです。





フリーローン カードローンよりは、


低い金利になっています。




このほかつなぎ融資には手数料が若干かかります。





またアパートとか賃貸マンションを建てるとなると、

完成までに6か月から1年はかかります。



そして、実際の建設作業は、ハウスメーカーとか、

マンションメーカーン社員が行うのではなく、

外注先や下請けが行いますので、

外注費にその都度支払っていく必要があります。




また、材料費にしても、


その都度購入することになりますので、


そのための資金が必要になります。



そうなると、工事費を着手時から決済時まで、


3回から4回に分けて支払うのが一般的です。




そいった場合、自己資金があれば問題ないのですが、


そういう方は少ないです。



なので、銀行から借金することになります。



この資金のことをつなぎ融資といっています。





つまり、建物が完成して保存登記を済ませた後、


銀行が土地と建物に抵当権を設定した上で、


長期のローンを組むまでのつなぎ融資が必要になります。




 



関連記事

初めてアパートを建てて不動産経営をする人とすでに賃貸経営をしている人の違い


自宅買い替えローンについて

ローンが残った物件を買う場合、抵当権付き物件売買

不動産、ローンが残っている住宅を売却する方法

つなぎ融資について

絶対理想の家に 買い替えてみせる

離婚でマンションを売らなくてはならないとき

居住用不動産を 売却するには

不動産、ローンが残っているが売却することはできますか

不動産投資ローン対策

不動産投資ローンの融資交渉

投資用不動産購入の銀行融資の現実

アパート建築費用の仕訳(アパート建設中の工事費つなぎ融資支払いの会計処理)  


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/196
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク