サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


リフォームは入居者の家賃でやる | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
リフォームは入居者の家賃でやる
リフォームは入居者のお金でやる


従来の不動産投資の考え方は、


リフォームに力を入れて、生まれ変わった部屋にし、


家賃を相場より少し上げて、入居者を付けることによって、


投下費用を回収していくということでした。



これは、賃貸に出す前に、新築並みにリフォームして、


家賃で回収していく後追いの投資手段です。



しかし昨今、いくらリフォームにお金をかけても、


入居者が早期に決まるという保証はどこにもありません。



リフォームにお金をかけすぎて、


家賃が高いといくら頑張っても、


決まらないということが起こりがちです。




もっとも、物件を買った当初は、


購入資金に、ほとんどお金を使ってしまい、


手元の資金も、ほとんど残っていないこともあって、


リフォームにお金をかけられないこともある。



なので、物件を買った当初は、リフォームはそれほど頑張らずに、


必要最低限でよしとして、当初は、賃料を低くして募集する方が、


入居者も決まりやすいと思います。



費用をかけて行うリフォームは、


家賃収入がある程度貯まってから行なえばよく、


入居者が退去したタイミングを見計らって少しずつ、


価値ある物件に作り替えて行けばいいのではないでしょうか。



家賃収入は期待できませんが、その方がリスクが少ないのです。



多額の費用をかけてリフォームしたからといって、


それを家賃に反映させられるご時世ではありませんし、


大家としては、初期にお金をかけて、


物件の価値を上げることで、


早く入居者を決めたいという気持ちになりがちですが、


必要以上に手をかけても、入居者が決まらなければ、


無駄使いで終わってしまいます。



リフォームによって、


グレードが上がっていくのを期待して、


つい頑張って手をかけすぎてしまうことがあるのです。




費用をかけたリフォームは、ある程度資金が貯まってきてから、


入居者が退去したタイミングに、


行なえばよいのであって、


年月をかけて価値ある物件に、


作り上げていけばいいと思います。



中古物件を購入した当初は、


どうしても頑張って、リフォームをやらなければ、


考えがちですが、多額の資金を投入してリフォームを行っても、


入居者が決まる保証はありませんので、


お客さんに嫌われると思われる箇所はどこかを見極めて、


必要最低限のリフォームで済ますべきですね。



リフォームすること自体はいつでもできますから、


グレードアップのリフォームは、入居者から集めた資金使って、


後からやっていけばいいと思います。



賃貸物件は、その都度手をかけていくいくことが大事で、


入居者の家賃で、理想の物件に造り替えていけばいいと思います。


賃貸物件は、住んでいただいた入居者からの家賃収入で、


創っていけばいいものだと思います。



スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク