サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


原状回復リフォームは泥縄式でやる | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
原状回復リフォームは泥縄式でやる

原状回復リフォームは泥縄式でやるについてあれこれ

 

 

 

入居者の退去の際は、物件の鍵だけ郵送してもらって、

 

立会いはしないという大家さんもいますが、

 

原状回復工事は、手間がかかるところはプロに頼んで、

 

自分でできるところは、パッチワークでやって、

 

少しでも費用を節約するという姿勢が賃貸経営には大事だと思います。

 


不具合を直して内装を整えておかなければ、


内見の時に困ると思うかもしれません。

 


しかし、

 

いくら費用をかけても、入居者が決まる保証など、


今の時代どこにもありませんので、経費をあまりかけずに、


原状回復を行うべきで、業者を呼んで、


すべてをやらせておけばよいというものでは、


ないはずです。

 


もしお金があるのなら、プロにお願いして、


一気に短期間でやるのもいいですが、

 

とりあえず、掃除だけしておいて


原状回復工事は、入居者が決まってからでも間に合います。

 

 

 

私は原状回復程度なら、費用をかけずに、

 

泥縄式でをやるのがいいと思っています。

 


泥縄式と言うのは、泥棒を捕らまえてから、

 

泥棒を縛るための縄をなうということです。

 

 

 

時給に換算したら、プロに頼んだ方が安いと思われますが、

 


しかし泥棒を捕まえる前に縄をなっていたのでは、

 


退去のたびに原状回復をするのですから、

 


コストばかりかかって、経済効率が悪くなります。

 

 

 

従って、本当は入居者が決まってから、


原状回復するのが一番いいということになるのです。

 


入居者が決まる前から内装を整えるのは誰にでもできる。

 

 

そんな無駄な設備投資をするから、

 

賃貸業はうまく行かなくなる原因だと思う。

 


長い目で考えたら、パッチワークでやって、


なるべく節約したいものです。

 


従って原状回復などは、入居者を募集しながらでもできるはずです。

 

 


入居者が決まってから期限に間に合わせばいいのです。

 

 

そんなことをするのだったら、

 

原状回復工事を前もって、

 

済ませておけばいいと思うかもしれない。

 

 

しかし、窮すれば通じる道は必ずあります。

 

 

つまり、あえて自らを窮する状態に追い込んで、


そこから新しいスキルを生み出すことで、

 

独創性が生まれると考えるのです。

 

 

 

しかし、戸数が増えてきますと、

 

いくら時間があっても足りませんので、


その場合は、自分でやる物件と、

 

やらない物件を決めておけばいいと思います。

 


また、室内のリフォームも大事ですが、


それ以上に外回りの整備が大事です。

 

 

内装はセルフリフォームでやるが、


外壁は業者にやってもらう。

 


というように決めるのもいいかもしれない。

 

 


原状回復期間は、賃料が発生しませんの、最低限の時間で、


仕上げるよう工夫する必要があります。

 


外壁塗装は、時間をかけて自分で塗るという大家さんもいますが、


時間がないサラリーマンの場合はそうはいきません。

 


しかし、物件をパッと見たときの第一印象が悪いと、


中をきれいにしても、決まりにくいのです。

 

 

外観が変わると、内覧のときに、


いいイメージをもってもらえますので決まりやすい。

 

 

こういうのは前もって済ませた方がいいかもしれない。

 

 

 

原状回復は、自分でやると簡単なのに、


業者に頼むと高くなる壁紙貼替や、フローリングの貼替は、


セルフリフォームでやった方がいいということになります。

 


最小の経費で、どこまでお客さんに満足してもらえるかです。

 


もっとも、室内で破損や故障があったとき、


無条件に新品と交換していては、


資金がいくらあっても足りません。

 

 

賃貸業はビジネスですので、少額の資金でやるためには、


自分の労力と時間を費やす必要があります。

 


投資としてうまく活用するには、素早く原状回復して、


以前と同じ家賃で貸すのが一番効率が良いのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

敷金、保証金の返還義務  東京ルール( 東京方式)

原状回復リフォームは泥縄式でやる

賃借人が負う、原状回復義務

所有コストの少ない物件を選ぶ


ボロ物件をリフォームしないで貸す方法(古い家をリフォームしないで貸す)

リフォームを修繕費にするか資本的支出にするか

不動産経営は内装を極めることが大切です

 

セルフリフォーム工事の確定申告

10万円以下の少額資産と20〜30万円未満の少額の減価償却資産

賃貸住宅に求められない設備(アパート不要設備) 


スポンサーリンク





リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方



サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/2023
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年など)
土地等を取得するために要した借入金の利子





スポンサーリンク



AX