サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


賃貸住宅のクレーム問題 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
賃貸住宅のクレーム問題

原状回復リフォーム工事
入居者と仲良くしているようでは大家はやっていられない
賃貸住宅に求められない設備(アパート不要設備)


賃貸住宅のクレーム問題

 

 

 


賃貸住宅には、さまざまな人の集まった共同住宅のため、


クレームも発生しやすいですね。

 


入居者によく起こりがちトラブルは、


賃貸契約に基づくものと、

 

入居者管理に関するものがあります。

 

 


賃貸住宅のクレームやトラブルで多いのは、


騒音の問題です。

 

 

あと退去時の原状回復、入居中に生じた修繕、


この3つでクレーム全体の80%に達しているでしょう。

 

 

以前のクレームの多くは、

 

退去時に敷金から差し引かれる原状回復の、

 

費用負担をめぐる問題が多かったのですね。

 

 

つまり、入居中の修繕負担が、家主負担か、

 

入居者負担かといった問題です。

 

 

しかし現在は、騒音問題が多くなっています。

 

 

クレームには、騒音は避けられないケースもあるが、


騒音には個人差もあって、居住者間でもいざこざになりやすく、


争いが生ずれば解決が困難なことが多いです。

 

 


生活騒音の3代原因は、上階の子供の飛び跳ねる音がうるさい、

 

隣戸で夜遅く使用する洗濯機の振動音が聞こえる、

 

隣戸で夜遅くにテレビの音量を大きくしたり、

 

住民の声が聞こえるや、携帯電話の話声がうるさいです。

 

 

これから賃貸住宅を建てるなら、


遮音性の高い構造にするのは必須です。

 


一方、退去時の敷金返還問題は、原状回復における、


費用清算に対するクレームが多くなっています。

 

 

 

敷金負担などの金銭関係のクレーム処理には、


専門家に依頼しなければならないケースもあるので、


貸主としては、管理会社に解約の手続き、


退去時の立会、原状回復、敷金精算などを任せることも、


トラブル対策の一つになると思われます。

 

 

 

実際、任せているケースが多いです。

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/2025
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク