サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


住宅ローンの融資可能判断。 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
住宅ローンの融資可能判断。

住宅ローンの融資可能判断について






住宅を購入しようとして気に入った物件を探して、


さぁローンを借りようと銀行に融資を申し込んでも、


審査に通らないことはよくあることです。






銀行はどういうところを見て、


融資の可否を決めるのだろうか。




もちろん個人の信用力を見るわけですが、


たとえば、消費者金融で借りているとか、


クレジットカードをたくさん持っているとか、


車のローンを抱えているとかは全然問題じゃなく、


返済をきちんとしているかどうかの方が重大です。





返済期日に遅れたり、うっかりミスで、


返済しなかったりした時など見られています。




そういうことはすべて個人情報の履歴に現れるので、


隠しようがありません。




返済が一度でも遅れた履歴があれば、


ローンの審査は厳しいものになります。



逆にたくさんのクレジットカードを持っていても、


そして、あちこちからたくさんローンを借りていても、


返済がきちんとされていればファイナンシャル能力が高いと


判断され、ローン審査のときは逆に有利になることさえあります。






クレジットカードをたくさん持ったり、


カードローンを持つためには、


そのつど、審査を受けているわけですから、


その時の審査では、フリータでは難しく、


勤めている会社の背景、個人の背後を見て、


保証会社はカード発行を許可していますので、


カードを持つことは悪くありません。



又ローン返済を一度でも遅れたり、


借り換えの場合は住宅ローンで延滞を、


繰り返していれば完全にアウトです。






記録として残ってしまうので、


いいわけもききませんし、


例外は一切認めないと思います。





返済履歴は7年間残るので、


7年間待って再び住宅ローンを申し込めば、


審査を受けることができます。





ちなみに、全国銀行協会で自分の信用状況の情報は、


見ることはできますので住宅ローンを借り入れる予定の人は、


見ておくとよいと思います。






評価は銀行からたくさん借りていても問題ありませんが、


借入額は年収に占める割合が決まっているので


借入が多いと融資金額は減らされます。




だから住宅ローンを借りようと思ったら、


他の借入を減らしておかなければなりません。






もっとも、おまとめ住宅ローンというのがあって、


車のローン、住宅購入諸費用、教育ローンなど


それまで借りていたものもすべてをまとめて、


住宅ローンの金利で借りることができるローンもあります。





いづれにしろ銀行は返済能力と返済の安全性を見て判断して、


返せなくなった時に抑えるために、


当然購入物件を担保に取ることになります。











関連記事
住宅ローン金融機関審査

不動産投資ローン

住宅ローンの返済が厳しいのですが


 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/203
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク