サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


内見された方が申し込みに至らなかった理由(内見しても入居に至らなかった理由) | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
内見された方が申し込みに至らなかった理由(内見しても入居に至らなかった理由)

空室対策の決め手

内見者を増やすには
賃貸住宅に求められない設備(アパート不要設備)
内見された方が申込に至らなかった理由
その場で決まらなかったら申し込みはない

空室になる賃貸住宅とならない賃貸住宅
空室がなぜ埋まらないんだろう?


内見された方が申込に至らなかった理由(内見しても入居に至らなかった理由)

 

 

 

 

 

 


内覧しても申し込まなかったのは、


案内した担当者に直接電話して、


何が問題だったのかを聞き取り調査をしても、


わからないことが多い。

 


最終的に入居が決まった部屋と、


自分が所有している部屋の相違点を、


自ら調べる以外に答えはないのである。

 

なぜ決まらなかったのかを追求して、対策を続けることで、


入居率が確実に上がっていきます。

 


入居者を埋めるための地道な努力が、


入居者決定という結果を生んでくれるのです。

 


問題は、内覧があっても成約しない原因は何かという一点です。

 


内覧があっても申し込まなかったのは、


同じ価格帯の家賃設定をしている他の物件と比較したときの決定力に、


欠けるということがいえるのです。

 

 

とくに内見はたくさん入っているのに決まらないといった場合は、


一見よさそうに見えるが、内見したお客さんからすると、


この賃料でこんなものなのかと思ってしまうことになるのです。

 

 


もっとも、案内しても決まらない物件というのは、


ある程度わかります。

 

どこか一つ、欠点があるのです。

 

 

例えば、周囲の環境だったり、

 

地方の物件で、トイレが洋式でも、

 

駐車場がついていなかったりと、


物件自体は、全体的には平均点以上の仕上がりに、


なっているのですが、


一つの欠点があるために、他は良くても、


結局、仲介会社が案内しても決まらなくなってしまうのですね。

 

 

入居希望者が特定の物件に問い合わせをして、


内見した結果、申込みに至らない。

 

 

あるいは、営業マンが特定の物件に決めるつもりで、


内見者を案内したが申し込まれなかった。

 

 

 

入居希望者が、貴重な時間を費やしてわざわざ物件を、


見に行ったのに、入居を決めなかった。

 


家賃と価値を比べた場合に、


価値のほうが劣っている場合は決まらない。

 


逆に決まるときは、家賃よりも価値が上回って、


これはお得だと判断した時です。

 


家賃に比べて、物件の商品価値が劣っていると、


判断されたとき決まりません。

 

 

 

つまり、ネットや図面でわからなかったが、


内見してもいまいち決定力に欠ける。

 

水回りの設備が予想していたよりも古かった。

 


駐車場の出し入れが難しそうだった。


などです。

 


その場合は、浴槽を換えてみたり、

 


台所の水栓をステンレス製のシングルレバーに換えてみたり。

 

 

最近はインターネットで、


物件の中身を見ることができることが多いので、


ネットで中身を見て、お客さんは瞬時に、


判断してしまいます。

 

 

つまり、その段階で気にいらないところがあれば、


内覧に行かないことが多いのです。

 

 

でも、ネットを見てもその欠点が分らず、一見よさそうに見えると、


内覧してみようとしますが、その場合でも、


ネットでわからなかった欠点が内覧の際に見つかれば、


結局内覧しても、同じことで、


そのことが原因で敬遠されてしまう。

 


賃貸市場というのは、後から次々に物件が現れますので、


入居者に気に入られる物件はすぐに空室が埋まるが、


決まらない物件は取り残されてしまうのです。

 


部屋を探している人は、気に入る物件が出てくるまで、

 

待てるのですね。

 

 

 

部屋を魅力あるものとする努力が必要です。

 


要するに、安くてきれいであっても、


何か一つでも劣っている箇所があれば難しいのである。
 

 


これは仲介会社の担当者も、どこが悪いか薄々わかっているのですが、


大家さんに、はっきり伝えようとはしないところがある。

 

 

なので、理由は、家主が見つけなくてはならない。

 


欠点を思い切って直すか、


欠点を欠点と感じさせないだけの付加価値をつけ、


入居者にお得感を感じさせることができるかです。

 

 

最近は、安くてきれいなだけではなく、


使い勝手の良い、センスのある物件が求められているようです。

 


安くてきれいなは、当り前でそれ以上のものが必要なのです。

 

 

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/2031
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク