サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


賃貸住宅に求められない設備(アパート不要設備) | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
賃貸住宅に求められない設備(アパート不要設備)

賃貸住宅に求められない設備(アパート不要設備)について   

 

 

 

マンションや、アパートなどの賃貸住宅に付帯している設備は、


年々豪華になってきています。

 

 

1Kタイプのアパートでも、エアコンは常設。

 


しかし、どんなものでも付ければ良いのか、

 

入居者が喜び、客付けに有利になることとは別問題だと思います。

 


さらに豪華な設備を付けることで、


採算が合わなくなっては困ります。

 


設備は、ある程度まで付けることで、客付けに有利になり、


競争力のあるアパートになると思います。

 

 

しかし、賃貸住宅に求められない設備も増えているのです。

 


たとえば、ロフトです。

 


はしごで上がる中2階につけている小さな部屋です。

 


ロフトはベッドスペースとして利用することを前提に、


考えられていたのですが、最近これは不人気になっており、


ロフトがついている物件は、家賃を下げなければ、

 

決まらないのが特徴になっています。

 

 


以前は、ロフト付は、人気設備の一つだったのですが、


今は最も敬遠される設備の一つになっていますね。

 

 


理由を上げれば、ロフト部分は、上階との距離が近いため、


上の階の住人の生活音が気になるのです。

 


もともとはベッドスペースとして利用することを、


念頭に計画されたのですが、使いづらいということで、


不人気になっていますね。

 


しかも構造上、天井を高くしなければならないため、


建築費が割高になります。

 

 

ロフトは天井を高くしなけれなりませんので、

 

空調が悪くなり、その結果蒸し暑いのです。

 


アパートでは1階の部屋のロフトよりも、

 

2階の部屋の天井にあるロフトの方が、


暑くなりがちですね。

 

 

クーラーの風がうまくロフトの上に行くよう、


扇風機を回しながらクーラーも付けているケースもあります。

 

 

 

 

ロフト付き物件のデメリットですが、


ロフト付き物件を運営していると、


入居者さんがリビングの照明を自分で変えられないことが多いですね。

 


天井が高すぎて、5メートル程にもなる高い天井がありますので、


これって、普通の方では椅子にのっても全然届かない高さなのです。

 

 
なので、ロフト付き運営していると入居者さんから蛍光灯が切れるたびに、


連絡が来るという面倒なことがおこりがちなのですね。

 

 

管理会社の担当者が若いくてフットワークの軽い人でないと、


いちいち高い脚立をもって行ってくれません。

 


下手すると、電気屋さんをよんで高い金額が請求されたりします。

 


もういっそうのこと、蛍光灯をすべてLEDにこの際、

 

取り換えた方がいいかもしれません。

 

 

 

また、洗面化粧台のハンドシャワーも不人気設備の一つになっているのです。

 

ハンドシャワーは、ほとんど使われないというのが一般的です。

 


さらに、キッチンでいえば、一時期人気があった電気コンロは、


今は人気が薄れ、ガスコンロの人気が復活しているのです。

 

 

設備を増やせば、入居者は集まりやすいかも知れませんが、

 

一旦故障すれば、修理費は貸主の負担になるので考えものですね。

 

 

エアコンなどは安く買えるようになったとはいえ、

 

定期的な清掃や修理の費用がかかってくるのです。

 


なので必要以上に設備を付けることは、

 

クレームの対象になり、賢い選択とはならないですね。

 

 

もっとも、冷暖房用の専用コンセントや、

 

地デジアンテナは必要装備ですので付けたほうがいいでしょう。

 

 

高価な設備を付けるほど、


建築費やリフォーム費用は高くなりがち、


同じ家賃設定ならそれだけ利回りは低くなります。

 

 

しかし、あまり仕様を落とすのも考えものです。

 

 

床などはクッションフロアの選択がありますが、


やはりフローリングが一番人気があります。

 

 

外壁は、モルタルよりも、タイル張りにしたいところですが、

 

収益性の面では、モルタルに比べると建築費が高くなり、

 

かなり不利です。

 

 

なので、サイディングボードで、


壁を覆ってしまう方法が望ましいと思う。

 


サイディングボードは、モルタルのように壁にひびが入る心配がなく、


工事が簡単で安いというメリットがあるのです。

 

 

ちなみに、戸建の場合ですが、門扉や塀は車の駐車に支障があり、

 

防犯上もその部分が死角になりかえってよくないため、

 

門扉や塀は付けないで開けっ放しの方がいいですね。

 

 

 

 

 

関連記事

空室対策の決め手  

 

空室がなぜ 埋まらないのだろうか?

 

入居者が住みたくなるような物件

最低限必要な賃貸住宅の設備

リフォームの費用対効果

 

賃貸住宅に求められない設備(アパート不要設備) 

内見された方が申込に至らなかった理由(内見しても入居が決まらなかった理由)

戸建賃貸の良さは入居期間が長くなること

賃貸住宅のクレーム問題

原状回復リフォーム工事は泥縄式でやる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/2033
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク