サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


なぜリースバックか | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
なぜリースバックか

なぜリースバックか

 

 

 

リースバック方式は、土地を持っている所有者の土地を、


利用する方式です。

 

 

事業を行うテナント側が、


土地所有者に建設協力金という名目で、


建設資金を差し出して、土地所有者はその資金で、


テナントの事業形態にあった建物を建設し、


あらめてテナントに一括貸して、


そして、テナントから受け取る賃料で、


建設協力金の返済額を差し引いた分が、


手元に残るシステムですが、


リースバック方式の特徴は建物が、


土地所有者の名義であるという点で、


土地だけではなく建物を貸す点です。

 


建物を貸すというということですが、


建物の建設資金はテナントから受け取りますので、


土地所有者は、金融機関からの借り入れや、


持ち出しは不要というもの。

 

土地を貸して得られる地代に比べて、


建物を貸して得られる賃料のほうが高いのが一般的です。

 

 

リースバック方式は、


建物がテナントのビジネスにあった仕様になる、


ということであって、収益性が高いということが特徴です。

 


もっとも、契約期間が終わったときには、


たとえば事業用定期借地形式などは、


土地は、更地で返ってきますが、


リースバック方式は、建物が残った状態で返ってきます。

 

 

リスバック方式の問題点は、

 

リスバック方式の契約期間は、15〜20年が多く、

 

契約期間満了後、契約を延長することもできますが、

 

その時点のテナントのビジネス状況や、


不動産市況などによっては、賃料の減額が必要になってきます。

 


また、契約期間中や期間満了とともにテナントが撤退した時に、


建物はそのテナント向きの仕様になっているため、


他のテナントを見つけにくいということです。

 

 

まぁ、テナント自身が契約期間中に、


破綻することがないとは言えません。

 

 

リースバック方式は、テナント側から提案を受けるケースが多く、


収支計画などもテナントが作成します。

 

 

もっとも、提案を受けた土地所有者は、

 

建設協力金方式を採用するかどうかは、

 

建設費用や収支計画の妥当性、


税法上のメリット、デメリットを判断してからになりますね。

 

 

リースバック方式は、賃料と建設協力金の返済額の差額が、


手取額になるので、それがいくらになるかがポイントで、


さらに借入金の利子負担はありませんが、


建物に対する固定資産税負担がかかってきますので、


慎重に検討する必要がありますね。

 

 

 

 

 

 

関連記事

アパートを建てるか、コンビニを建てるか


建設協力金か定期借地か、(建設協力金 抵当権)

なぜリースバックか

 

セール&リースバックという投資

マイホームのリースバック

リースバックから、買い戻しへについて

なぜ建設協力金で店舗を建てたがるのか

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク