サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


駐車場経営は儲かるでしょうか | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
駐車場経営は儲かるでしょうか

駐車場経営は儲かるでしょうか  



保有する土地にあえて建物を建てずに、

駐車場として運営するケースがあります。



遊休地を有効的に活用する方法として、

駐車場経営は資金的負担も軽いことから、

不動産投資の一つとして選ぶ人が増えています。



ただ、駐車場を貸すのは、

あまり儲からない商売の一つですね。



投資資金が少なくても、経営ノウハウがなくても、

気軽に始められるため、活用方法として手頃ですが、

駐車場は、もともとは、主に固定資産税を払うだけの土地を、

遊ばせておくのがもったいないということで、

始められた方が多かったと思います。



駐車場経営のメリットは、少ない予算から始められ、


手間がかからず、用途変更や用地転用が可能で、売買もしやすく

相続対策などに有効です。



土地から購入して、駐車場経営するのは、

土地費用の負担があるため、収益性など投資効率からみて、

採算は合いません。



土地から購入して駐車場経営する例としては、

土地を買って始めのころは、駐車場として運用して、

地価が上がったタイミングで売って、

 

売却益を狙ったり、競売などで事故物件を購入し、

解体して駐車場にするケースなら妙味はあるでしょうが、

ただ駐車場経営は、建物を建てないため、

リスクは少ないところが利点です。

 

 

そのため、減価償却費も計上できず、

収入に対して、税金支出の比重は高くなります。



もっとも、土地を貸すだけで、建物が伴わないので、

借地権が生じることはありません。



そのため、その土地が必要になった時には、

 

駐車場以外の用途に変更したり、

売却しやすのがメリットです。



また、建物を建てないので建築費がかからず、

銀行借り入れも必要ないため手軽に始められ、

辞めたいときにやめられるのもメリットですが、

賃貸アパートに比べて収益性は落ちます。



ちなみに、相続対策で見てみると、

コンクリートを敷かず、屋根もない青空駐車場の場合、

相続税評価額は、更地の場合と同じで、

アパートやマンションを建てたときのような、

減額などの優遇は受けられません。



駐車場には、月極駐車場と


時間貸し駐車場(コインパーキング)がありますが、

月極の青空駐車場であれば、

砂利を敷いただけで、ロープで仕切り線を描いた程度でも、

OKですので、コストはほとんどかからないといえますね。



テナントの募集、賃料の集金、督促、管理などは、

月々の賃料の5%前後の手数料で、

不動産業者に任せている人もいますね。


 

 

 

 

ところで、

 

駐車場というのはいったいどれほど儲かるのでしょうか。

 

1つの事例を挙げて計算してみましょう。

<計算事例>
・固定資産税評価額/台 10万円/×20=200万円

 

・駐車料金/台 7000/月

 

・駐車場の経費 ゼロ

 

 

駐車場1台当たりのスペースを20屬箸靴瞳彁擦靴泙后

 

<計算結果>


駐車場は経費がかかりませんので、


駐車場に係るコストは固定資産税、都市計画税だけとなります。


したがって、駐車場1台当たりの必要経費は次のようになります。

 

駐車場の1台当たりの必要経費

 

200万円×1.7%(固定資産税1.4%+都市計画税0.3%)÷12月

=2800円

 

したがって、駐車場1台当たりの利益は、

 

4200円となります。

 

収入金額7000円−必要経費2800円

 


ところで利益が4200円ということは、

 

利益率は60%(4200円÷7000円)ですから、


稼働率が40%以下であれば赤字となるわけです。

 


例えば駐車台数が10台あり、その内4台しか稼動していなければ赤字です。

 

 

以上はあくまで駐車場の経費をゼロとして計算しております。

 


ところが実際にはある程度の経費はかかるはずですから、


実行に当たっては損益分岐点を厳密に計算すれば、

 

もう少し下がるかもしれません。

 

 


月極の場合、借り手のないスペースができると、

当然、賃料収入が入ってきませんが、

時間貸し駐車場は、専門の運営会社と契約して、

設備の設置、集金、機器の修理やメンテナンス、

清掃業務、クレーム処理などを一括して委託し、

運営会社は駐車料金を収入源とするため土地所有者が、

手数料や管理料を支払う必要はない点があげられます。



なので、業者から受け取る賃貸料は、

稼働率にかかわらず毎月一定額なので、

収益は安定しています。



ただし、古家があれば取り壊し費用や、

舗装費用は当然、土地所有者の負担になります。



土地から購入して、駐車場経営するのは、

収益性など投資効率からみて、儲けが薄いので、

将来的には、別の用途に使用することを視野に入れて、

一時的に駐車場経営を、始めるならいいかもしれません。


スポンサーリンク



関連記事
建物を取り壊して、駐車場にする場合の取り壊し費用について

 

古家を買って建物を壊して駐車場にする場合の不動産取得税

駐車場経営は儲かるでしょうか

 

バイク駐車場は需要があるか  

 

コインパーキング経営の開業資金調達は日本政策金融公庫で受ける

アパートを建てて貸すか、駐車場として貸すか

機械式駐車場経営あれこれ

駐車場投資あれこれ

土地を購入してからの駐車場経営は儲かるのか

駐車場経営あれこれ

コインパーキング投資について

 

駐車場収入の確定申告

 

駐車場の耐用年数について


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/2047
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク