サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


不動産投資をやっていいのか | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
不動産投資をやっていいのか

不動産投資をやっていいのか






不動産投資をして、状況が悪化し、さまざまな理由で、


経営が立ち行かなくなった大家さんが手放す物件を、


一方では、そんな物件を買っていく大家さんもいます。



サラリーマンの収入安定化策は、


不動産投資が一番といって、


賃貸経営に参入したものの、


どのように進めるべきか、


どのように利益を残していけばよいのか等で、


悩むことがありますね。




また、これから始めたい方も、


買うべきか買わざるべきか等、


迷っている人もたくさんおられます。




しかし、私は、安易に不動産投資をやっていいとは、


決して言いませんし、いいことばかり言って、


勧めたりしません。



デメリット面や、リスクも述べています。



どちらかといえば、投資にはリスクがあって、


利益を残すには、かなりの努力が必要なのです。




現に、不動産投資をやっている大家さんの中に、


かなりの割合で儲かっていない事実がありますし、


購入後に避けては通れないさまざまなリスクもあります。




というのも、日本における不動産投資は、


安易に参入すると、背負ったリスクに見合ったほどは、


決して儲からない時代に入っているからです。



周りの不動産業者、建築会社、仲介業者、管理会社、


リフォーム業者に対して発生する費用が多額であるだけでなく、


昔のように、賃貸物件を持っているだけで、


勝手に入居者が決まって、高い家賃が取れて、


しっかり利益が残るということは、


考えられなくなりました。




不動産投資をやっていいのか、もし本当に必要であれば、


自らの賃貸経営で利益を残すために、


自らの貴重な時間と、お金を使ってでも懸命に学習し、


その学習した内容で、実際に不動産投資に着手できるかどうか、


その覚悟と勇気、情熱を持っている人がやるべきで、


安易な考えでは始めるべきではありません。



たくさんいる日本の大家さんは、


儲かっている大家さんもいますが、


儲かっていない大家さんもたくさんいます。



まぁ、そうであっても、強固な覚悟と情熱があるのであれば、


やり方次第で、まだまだ日本の不動産投資で、


利益を残すことは、十分可能だと思います。





それでも、不動産投資をやってもいいのかは、


動機が妥当で、私心がないことを確信して、


購入しようとする場合にもっとも重要なことだと思えるので、


新しい物件を購入するときは、私は、


動機が正しいかを確認するようにしています。



自問自答して、その物件を購入して不動産投資をする動機が、


自分の身の丈に合って、ふさわしい動機であって、


誰から見ても妥当かを問うてから、


私は始めるようにしています。



なんども、その動機が正しいことか、


私心がないかを確信してから始めるようにしています。




正しいとは、普遍的に誰が見ても妥当であるという動機です。




この動機には、自分のメンツ、ていさい、


恰好、利益などというものではなく、


自他ともに認める動機にしたいのです。



動機が良であって、プロセスも良でなければなりません。



さらに、その動機やプロセスに、


私心がないかという問いかけが必要です。



自己中心的なものでないかです。



動機が正しくて、私心がないと思えるなら、


一生懸命頑張れば必ず成功すると私は確信しています。



いまから、お前のやること不動産投資は正しいのか。


この問いかけです。



この地域の賃貸物件では、


安くて良質な物件が不足している。



それなら、何とか安く提供できないか、


ちょうど、資金もできて、


年齢的にもよい時期であるなら、


それだけの知恵と能力を持って、


それに参入できるということは、


めったにないチャンスなのだからと考えて、


始めるようになることがあります。



この機会を逃すことなく挑戦してみようと思うなら、


始めるべきですね。



しかし、まだそれだけでは、


やってみようとする動機としては、


もう一つあいまいです。




心が動くためにはもっと大きな動機が必要です。



何とかやれるのではないかと思うことは大事ですが、


そこで、もっと自分を駆り立てる信念が必要だと思います。





それは、動機は正しいか、私心はないか、


という問いかけになってくるのです。



これが確信できるまで、納得いくまで、


熟慮深考を繰り返すことが大事ですね。




心が求めないと行動は起こせないからです。




先行する巨大大家さんを向こうに回しても、


挑戦していく勇気を奮い起こすためにも、


今からやろうといていることは、


みんなのためになる立派な行為になるのか。



感謝されて収入が得られるようになるのか。



お前がしようとしていることは、


単なる私欲やメンツではないのか。



そこには本当に私心もないと言い切れるか、


ということです。





このように、不動産投資をするのは、


純粋な心であると確信するまで、


自問自答を繰り返すべきですね。



これは不動産投資だけでなく、


すべてのことに当てはまると思います。




自分の行動が利己から来たものではないか、


人間として間違っていないか点検するために、


私は自問を繰り返します。



動機が妥当であるとは、人間として、


正しいこと、正直であること、


優しい心 思いやりがあって、人助けになること、


美しい心、純粋な心、そういったものを満たしているか。




そんなことを自分の心に聞いてから始めるようにしています。



事業の成功は、


その行動によるものではなく、


その人の心の純粋さによって、


もたらされると思うからです。





動機が正しく、私心がない一心で一生懸命頑張れば、


周囲の誰もが協力して応援してくれ、


天地も味方してくれるはずです。







不動産投資をするために奥さんの協力を得られない


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク