サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


後継者への賃貸業の引き継ぎについて | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
後継者への賃貸業の引き継ぎについて

大家さんの後継者への引き継ぎについて




相続については、後継者に有利に資産を引き渡すことが求められます。



大家さんの場合、後継者に有利に資産を引き渡すことができます。




大家さんは一度築きあげた資産をきちんと管理して引き渡せば、


後継者は安全に引き継ぐことができます。



そして、長期に渡ってその恩恵を受けることが可能です。




普通、事業を引き継ぐためには、


事業を引き継ぐだけの素質や能力があって、


引き継ぐ人の素養が求められますが、


不動産の場合は経営は他の人に任せて、


物件の所有は、身内に引き渡すことができます。




つまり所有と経営を分離ができることが、


不動産賃貸業の特徴です。




不動産事業をうまく相続対策をすれば、


後継者に譲り渡すことができるのですから、


たいへん有利だと思います。 そして



不動産運用については、専門性をもった会社に依頼すれば、 


ご自分で行う必要はなくリスクも軽減できると思います。




こういったことで、後継者に引き継ぎがしやすくなり、


安定したメリットを受けることができます。




又、先祖から引き継いだ土地が事業用地ではなく、


農地であった場合は駅から遠かったり、 


不便な所にあるケースも多いと思いますが、


そのようなケースでは無理に相続対策として、


アパートなどを建てたりせずに、その土地を売却して、


その資金で、中古アパートや中古マンション等の、


収益性の高い不動産を購入して投資をしたほうが、


成功しやすいと思います。




先祖代々受け継いだ土地を手放すことに対して、


心理的抵抗を示される方もいると思いますが、


その土地が形を変えて時代に合った不動産として、


受け継がれて行くのであれば立派な相続対策になります。




こうした相続財産を減らさないで活用していくことも  


資産を守るために合理的であって、


それこそ、先祖に対して示しが付く方法なのでは 


ないでしょうか。








関連記事

客がいない小さな不動産屋さんがつぶれないわけ(不動産賃貸業と不動産屋のどちらが儲かる)  


借金をしてアパートを建てたから相続税が安くなるの?

不動産投資と起業の相違点

後継者への賃貸業の引き継ぎについて


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/207
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク