サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


コインパーキング投資 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
コインパーキング投資

コインパーキング投資について詳しく
 

     
土地を持っていて 遊ばせているのなら 
駐車場にすればいいでしょう。

     
というのは土地を駐車場として貸す場合には、
借地権も借家権も発生しませんので、
その土地に、建物を建てたい時に、
いつでも車の駐車契約を解約することができるわけです。
地面だけを利用する青空の平面式の駐車場であれば、
 
地面を整地して線を引くだけでよいので、

初期投資が少なくて済みますし 駐車場を始めた後も 
手間隙かからず、費用もさほどかかりません。

しかし、コインパーキングの場合は、
各種の機械が必要になるので、平面式の駐車場より、
当然機械の維持費用がかかってきます。
もっとも、コインパーキング業者に、
一括借り上げをしてもらえば、
手取り金額は減りますが、
いっさいの業務負担はなくなるわけです。

建物は不要なので、建築基準法の確認申請の手続きも、
必要とされません。
それでもって、毎月決まった賃料を、
受け取ることができるわけです。

あとは、本当に何もする必要がないのですね。
賃料はどれぐらいになるのか 立地によって異なりますが、

1台あたり数万円から7万円程度の売上になります。

土地を持っていない人は土地の購入費用がありますので、 

多少収益率は落ちますが、手間はサブリースならかかりません。
コインパーキングは都会では、
1台分 2台分だけの小さなものでも可能で、

バイクパーキングを併設することも可能です。
コインパーキングの良いところは 少ない資金で 
小さな土地でもよく、短期間の活用もでき安定収入が得られて、

管理の手間がかからないことですね。
このほかに契約期間中の 一定条件による解約も可能です。
もちろん、契約期間終了時には、
無条件で解約ができる点がメリットであります。
機械の設置と維持管理 賃料の集金トラブル対応は、 
一括借り上げ業者が行ってくれます。

一括借り上げ業者は、時間貸し駐車場として、
 
駐車場をこまめに清掃、メンテナンスをしています。
さらに24時間年中無休のコールセンターが、

苦情処理に応え、オーナーの資産を大切に見守ります。

しかし一括借り上げにもデメリットがあります。

それは、コインパーキングの運営形態というもので、
運用形態には2種類あります。
一つは運営会社に運営を委託する一括借り上げ方式で、

もう一つは自分で運営する自主運営方式です。

一括借り上げ方式のいいところは、

収入が安定していて、手間がかからないことです。
また、初期投資費用が土地代以外に
ほとんどかからないことです。

一括借り上げの仕組みとしては、
土地のオーナーとコインパーキング業者が、

一時使用賃貸契約という契約を結び、
オーナーから土地を借り上げて、
運営会社がコインパーキングを運営するというものです。
運営業者は、パーキングの全利用者からの料金から、
オーナーに毎月の賃料を払い、残りを業者の利益とします。

当然、機器類の購入も設置も保守管理業務も、

運営会社が行いますので、
オーナーは賃料を受け取るだけですね。
運営会社はたくさんありますので、
何社からか見積もりをとって、

一番条件の気に入ったところと契約すればいいと思います。
しかし、一括借り上げコインパーキングの問題点は、

賃料が安定しないことです。
最初は高額の借り上げ賃料を提示されますが、
賃料は残念ながら下がっていく運命にあるからです。

契約書には、オーナーは解約はいつでもできる。
しかし、もし、経済情勢が著しく低下した場合は、
賃料が下がる可能性があるとうたっています。
最近のコインパーキングは契約して、
半年くらいはそのままですが、
それを過ぎてくれば、賃料が徐々に下がり、
さらに数か月したらまた下がるという循環になっています。
賃料ダウンの提示が何度も繰り返されて、
2年くらい経過した頃には、
最初の賃料の7割くらいに下がっていますね。
しかしこれでは、利益がほとんど、出なくなります。

初めはどの運営会社も、比較的高い賃料を提示するのですが、
5年くらいすると、最初の賃料から、
半額くらいになってしまう可能性があります。
新しく進出するエリアに自社の名前をアピールする戦略として、
運営会社は、初期に高額を投入してでも、
他社に先んじて陣営をがっちり固めることを目的にします。
大きな看板で自社のパーキング名を宣伝できるのは、
シェアを広げる効果があるのです。
なので、最初が一番高くて、後は、
払ってもらえる賃料が下がる一方ということですから、
満了後に新たな契約を結び直すとしても、
前回よりも高くなることはほとんど見込めないと思いますよ。

なので、一括借り上げを更新せずに、
自主管理に持っていくオーナーが多いのです。

もちろん他社に見積もりを出してもらって、

駆け引きするということも有効な手段であると思います。

またアパートやマンションと違って、

コインパーキングは建物が建っていませんので、

更地扱いとなり、200平米以下の部分は更地の6分の1、
という、固定資産税の軽減措置が利用できませんので、

アパートやマンションに比べて不利だったりしますね。
また、減価する建物がないために、
減価償却できる金額が少ないという短所もあります。

その分、建物のメンテナンス費用もかからず、
クレームは少ないです。

ちなみにアパート経営で、敷地内の駐車場不足のため、

 

近辺に、大家が入居者のための駐車場を借り上げて


入居者に貸す場合がある。

 

 


その場合の仕訳ですが


大家が借り上げる駐車場代の仕訳


支払賃貸料  xxx  現金預金  xxx

 

入居者に賃貸した場合

現金預金  xxx  受取賃貸料  xxx


と仕訳するとよいでしょう。

 

 

また5年間の契約で、5年分30万円の駐車場代を、

 

一括で払ったのなら

 

支払ったとき

長期前払賃貸料 300,000  現金預金 300,000

 

年末の仕訳

支払賃貸料 60,000  長期前払賃貸料 60,000

 

となります。
土地を購入してからのコインパーキング経営は儲かるのか

(例)10台分のコインパーキングを始める時の設置費


精算機       1台  350,000円
個別ロック板   10基  500,000(10×5万)円
料金案内板     2基  200,000円
機器設置工事(電源引き込み)代  450,000円

             合計1,500,000円

 

 


駐車場経営は土地代の割には料金は高く取れませんので、


あらかじめ土地を所有している人が、やる商売だと私は思います。

 






関連記事

コインパーキング経営の開業資金調達は日本政策金融公庫で受ける

建物を取り壊して、駐車場にする場合の取り壊し費用について

駐車場経営は儲かるでしょうか

駐車場投資あれこれ

車庫証明を取得するのが目的で契約する人がいる

コインパーキングをやってみて

コインパーキングの現状

コインパーキング開業までの流れ

駐車場付きマンションについて

機械式駐車場あれこれ

土地を購入してからの駐車場経営は儲かるのか

 

駐車場収入の確定申告

 

駐車場の耐用年数について

 

駐車場経営あれこれ


コインパーキング投資 (一括借り上げ方式は儲かるか)

コインパーキング運営会社

 

バイク駐車場は需要があるか

 

 

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/209
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク