サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


和式トイレの洋式化について | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
和式トイレの洋式化について

和式トイレの洋式化について

 

 


たとえ、ボロ家を貸すにしても、和式トイレであれば、

 

入居者募集にあたって、大幅に不利になってきます。

 

 

和式トイレの場合は、洋式トイレへの入れ替えを検討しましょう。

 

 

和式トイレを洋式化するのに必要なコストは、


リフォーム会社へ発注すれば20万円前後かかりますが、


大家さん自らが直接職人さんに依頼したり、


分離発注すれば、10〜15万円程度に削減できるはずです。

 


もっとも、便器自体が安く手に入れば、


もっと安くなります。

 

 

和式トイレの洋式化の費用の内訳は、

 

取り付け工賃と産廃処分費、


床と壁の仕上げ工事5万円程度と、あと、便器代になってきます。

 

便器をインターネットで取り寄せれば安く手に入るかもしれない。

 


工事費は、大工工事と配管工事、

 

仕上げのクロス、クッションフロア施工、


産廃処分費と別々の工事業者になりますので、


工事代はどうしても、5万円程度の費用は掛かってきます。

 


便器代が10万円で取り寄せできるのなら、

 

総額で15万円ぐらいでできる目論見です。

 

 

産廃処分費は便器が一段高くなっているために、


床面の解体が必要になってくるため処分代がかかってきます。

 


解体した床面を整えて新しい洋式便器を取り付けて終わりですが、


実際に使えるようになるためには、さまざまな工事業者が関連してきます。

 


ちなみに、温水洗浄便座を導入する場合、コンセントがない場合は、

 

コンセント設置の電気工事が必要ですし、

 

もっとも、便器は最近では、リフォーム用便器と言って、


和式トイレから取り換え用に設計された便器が出ており、


それを買って、現場へ直送すると安くなります。

 

 

というわけで、大家が工事職人に分離発注する方式は、


コストを大幅に節減できます。

 

 

しかし、リフォーム会社に発注すれば、

 

手間はかかりませんが、分離発注する場合は、


便器や便座の取り寄せ、各職人への手配など、


大家がすべて行う必要があります。

 

 

しかし、大家がやることで手間は掛かりますが、


費用が減らせるのです。

 

 

なので、利益を上げようと思えば、できる範囲で、


職人さんへの分離発注を行いたいものです。

 


これは、費用削減と同時に、

 

大家としての知識やノウハウを獲得でき、


分離発注に挑戦すれば、この先の不動産経営に良い影響を、


与えてくれると思うからです。

 

 

 

 

 

 

関連記事
トイレ移設、増設

排水管が詰まらないように、太くする方がいいのですか

男性の小便器は何故、一般の家庭に普及しないのか

トイレリフォーム

トイレの水が止まらなくなる(トイレの経年劣化に伴う不具合)

和式トイレの洋式化について

汲み取り式トイレ物件を購入する場合

汲み取り式から水洗トイレに換える費用

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/2096
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク