サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


その場で決まらなかったらほとんど申し込まない(内見時に申し込まなかったら見込みはない) | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
その場で決まらなかったらほとんど申し込まない(内見時に申し込まなかったら見込みはない)

その場で決まらなかったらほとんど申し込まない(内見時に申し込まなかったら見込みはない)

 

 

 

 

 


申込みが入りました。


これから申込書をファックスしますね。


はい。

 


ほとんどの貸主はこの連絡がくるまで途中経過の情報はなく、


結果を待つしかありません。

 

 


これは、いくら焦ってもどうしようもない。

 

申込みになるまで、静観するしかないのです。

 

 

担当者にしてみれば、


用事もないのに連絡しようとは思わないし、


決まるかどうかわからないのに、

 

下手なことは言えません。

 

 

なので、確実な、良い情報だけをしようとします。

 

しかし、その間にどのくらいの入居希望者に断られているか、


どんな理由で断られているか本当のところわかりません。

 

しかし、貸主としては一人内見者がいれば、

 

確実に決めて欲しいわけです。

 

 

入居付を、複数のところに依頼していれば、


内見前に、連絡が来ることが多い。

 

その時がチャンスかもしれない。

 


仲介会社の担当者から今から案内しますが、


まだ決まっていませんですかという連絡が入ったとします。

 


この時に一言、

 


希望条件があれば、その場で電話ください。


と付け加えると良い。

 


できるだけ対応しますので。

 


ということぐらいは言っておきたいものです。

 

 

とりあえず、電話を切って待つことにしよう。

 


このタイミングを逃してはいけないので、


必ず電話には出られるようにして待っているようにするのですが、

 

ほとんどの場合、一向に電話はかかって来ない。

 

 

なぜ、その場で電話をもらう必要があるのかと言うと、


その場で決めてもらうようにしないと、


他で決められてしまう可能性が高いからです。

 

 

お客さんに考える猶予を与えないで、


決めてもらいたいものです。

 

したがって、お客さんが納得できる条件にできるのであれば、


極力、その条件にしてあげて、その場で解決したいものです。

 


担当者からこうであれば、決めたいと言っているのですが。

 

どうでしょうか。

 


と言われると安心します。

 

 

その条件をのんであげればいいのですね。

 

この時は、たいがい、金銭的なことや、設備のことが多い。

 


もちろんすべてを受け入れる必要はありませんが、

 

ここはぐっとこらえて、大家さんが譲歩できるなら、

 

決まることが多いのです。

 


これが後日になると、


他で決まる可能性が高いのです。

 

なぜかと言えば、本気で部屋探しをしている人は、

 

時間的に余裕がない人が多い。

 


そのため、1日に何件も仲介業者をはしごしています。

 

 

大家さんの物件を見た後でも、条件が合わなければ、

 

また他にところで、別の物件を見ます。

 

 

お客さんは、気にいってるのであれば、


その場で申し込みを書いて部屋を止めるのですね。

 


即決で決めないのは理由のいかんにかかわらずダメだということです。

 


もっとも、断るという行為は、

 

他の物件に決めた後にするものです。

 

なので断りの連絡はありません。

 

 

具体的に申し込みはなくても、お客様の中では、

 

あそこの物件にしようと気持ちは固まっています。

 

 

それを挽回するのは、よほど優秀な営業マンでなければ、

 

できないのですね。

 


なので、確実に決めてもらうためには、


その場で決めてくれるための条件にしてあげることが大事です。

 

部屋を埋めるために、お金をかけて設備投資をすることと、


内見のときに情報をもらって極力譲歩する。

 

この両面作戦で決まることが多いのです。

 

そのためにも仲介会社には、


定期的に状況確認をしておくことがいいですね。

 

 

 

 

関連記事

空室対策の決め手

 

内見された方が申込に至らなかった理由(内見しても入居が決まらなかった理由)

空室がなぜ埋まらないんだろう?

その場で決まらなかったらほとんど申し込まない

美人投票(より多くの人に支持される物件を選ぶ)

自主管理の物件は管理もやっている仲介会社に頼むと永遠に入居者が決まらない

 

なぜいつも募集すればすぐに決まる物件となかなか決まらない物件があるのか

 

空室になる賃貸住宅とならない賃貸住宅  


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/2097
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク