サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


返済がきつくなってきたらどうする | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
返済がきつくなってきたらどうする
返済がきつくなってきたらどうする



不動産投資は他の投資と違って、銀行から借金をして、


それを元手に事業を急速に拡大していきますので、


リスクと隣り合わせです。



もっとも、自己資金で不動産が買えたとしても、


その後の運営には、お金がかかってきます。



しかし、不動産投資は現物投資であり、


一般に、融資の返済は入居者が行ってくれますので、


最悪上手くいかなかったとしても、


持っている不動産を処分すれば何とかなる。


以上のような理屈によって、リスクは少ないと判断できます。


 

しかしながら現実は多額のお金を借りていますので、


その金額は住宅ローンの比ではなく、


ほとんどの場合、普通のサラリーマンが、


一生のうちで借りることのない金額です。



いくら入居者が返してくれると言っても、


絶対に入居者が居るとは限らない。



現物投資とはいえローン残金返済のために物件を売っても、


穴埋めできるとは限りません。



そもそも短期間で希望の価格で売ることは、


非常に難しいといえます。

 

その他のリスクも少なからずある。



安いと思って買った物件が、思った以上に修繕費がかかり、


そこに、固定資産税の支払、忘れたころに、


不動産取得税の請求が、来たりしますね。



または、少ないですが、優良物件ではあったのだけど、


事件や災難によりその物件価値が失われてしまう場合もあります。



このような場合、賃貸物件が使い物にならなくなかったり、


想定外の多額の出費が必要となることがあります。



これらの件数は、多いものではないでしょうが、


不動産投資をしていると通常あり得ることです。



このような影響で、返済が苦しくなってる大家さんもいるかもしれません。



その時の対処ですが、返済が苦しくなっても、


まだ借入金の返済ができていれば対策を取ることができます。


返済がきつくなってきたら、話し合いによって、


融資条件の緩和に応じてくれる金融機関がありますので、


まずそちらと話すべきですよ。



支払いが間に合わないからと、必死に金策に走り回って、


高いところから借りたりすると追いつかなくなります。



なので、自転車操業に入る前に手を打つべきです。



ところが、なんとか引き落としに間に合って、


あたかもすごい経営努力をしたと思う込みがちですが、


これは勘違い、ようやくプラスマイナスゼロの水準に戻しただけです。



土俵際でなく、まだ余裕ある土俵の真ん中で、


土俵際に追い込まれたときのような緊張感を持って、


相撲を取る必要があります。



返せなくなった時には、どうしたら返せるのか、


いくらまでなら払えるのかを、話し合いで決める必要があります。



とくに地銀、信用金庫などは地域性が強いので、


地域の自営業者や地場産業に対して、


強引な取り立てや、自宅を差し押さえたり、


破産を申し立てたりという冷淡なことはしませんので


返済期間や金利を変更して月々の返済額を減らすリスケジュールという、


施策により、急場をしのいで、復活することができますね。



リスケジュールによって、


賃貸経営を安定して続けられる可能性が出てきますので、


銀行に相談をしてみるのが、賃貸経営者にとっても、


金融機関にとっても最もいい解決策です。



返済ができなくなったときに、


まず、初めに片づけなければならないところは、


キャッシングやクレジットカード、個人の小口の借り入れ、


ノンバンク、これらは優先的に支払いをすべきです。


金利が高く、取り立ての厳しいところに対しては、


できる限り済ませておくのが鉄則です。


お金を回収するならばどんなことでもするという業者や、


会社が一番怖いものです。


もっとも、会社を経営しているのなら、


従業員の給与は先取特権ですので、


支払いを免れることはできません。



それから、個人、零細業者への支払も、


遅らせることはあってはならないですね。



個人や零細業者への支払いは、力づくでも、回収してきますので、


銀行関係者のように待ってもらうことはできません。



次に片づけるところは、税金関係です。


税金は自己破産しても免除にならず、


預金口座や自宅の差し押さえなどがあるのです。




こちらは、一通りの法的手段で回収してきますね。



もっとも、回収先は公務員ですので、


法律に違反する取り立てはしてきませんが、


資金ショートすると、その後は負債を天引きされた後の


細々とした給与収入で、


暮らさなければならないことになります。



もっとも、過去の不動産投資で発生した所得税や、


住民税の滞納分は、分割払いには応じてくれませんので、


つまり、一括返済しなければなりませんので、


非常に荷が重いのですね。


したがって、


今後のことを考えると、税金の支払いは、


優先順位が最も高い支払先の一つです。



その次は、サービザーという借金の取り立て業者に、


債権を売却するであろう金融機関からの借入です。


一部の金融機関からの借金が焦げ付くと、


今後はサービザーに移るからといって、今後の支払いは、


そちらと交渉してくださいという通知がきます。


サービザーは弁護士などの法律に詳しい人が、


経営している会社ですので、


法律で定められた準拠に応じて回収してきます。



回収のプロであり営利企業ですので、


どこまでも回収努力はしてきますよ。



銀行は天気の良い日には傘を貸すが、


支払いが滞れば傘は取り上げるといわれます。


酷な話に思えるが、お金は貸して取りはぐれたのでは、


銀行の経営は成り立たないので、


取り立ては厳しくなります。



もちろんこれらはお金を返せなくなった時の最悪のシナリオであり、


実際にはそこまでいかなくても解決することができます。



安定した賃貸経営には誠実な返済が求められます。




なぜ、キャッシュフローが赤字なのに課税されるのか

返済がきつくなってきたらどうする

トランクルームに保管されていた、ホームレスのキャッシュフロー表

不動産投資に失敗してホームレスになった人と話をしてみて

資産があってもお金がない



スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク