サラリーマン大家さんで豊になろう


リフォームを定年後の仕事にする(リタイア後の仕事について) | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
リフォームを定年後の仕事にする(リタイア後の仕事について)

サラリーマンの定年退職後の仕事についてあれこれ

 

 

 

 


サラリーマンという制約がなくなると、毎日が日曜日、


やはり気分的に楽だなと思います。

 

 

時間的な余裕はあっても、生きがいとなると、


サラリーマンをリタイアした後も働きたい、


もしくは働く必要がある、


と思っている人も多いと思います。

 


サラリーマンには定年退職がありますね。

 

 

実際定年退職の準備段階に入ったとき、


当然現在行っているサラリーマンの仕事以外の仕事についても、


考えたり、調べたりすると思います。

 


しかし、定年退職後に再就職を希望しても、


厳しいというのが一般的な見解です。

 


60歳を越したらなかなか良い仕事は、


見つからないと言われている今の社会環境で、


運よく、新しい仕事につけたとしても、


全く新しい環境に慣れるためには、


体力や気力で厳しい面もあります。

 


また、定年退職後に起業するにしても、サラリーマンとして、


フルタイムで勤務する以上の努力が必要になります。

 


従って、定年になっても嘱託で残るという選択もあります。

 

 

そうなると、やはり今までよりも、


待遇面でかなり落ちてしまいます。

 


従って、自分の好きな分野や、得意な分野で、


できる方法はないかと考えた場合、


不動産投資家やサラリーマン大家さんの場合は、


リフォームという仕事があると思います。

 


もっとも、その時のために、


サラリーマン大家さんの場合、現役時代から、


古い物件のリフォームは、自前でやっておけば、


一石二鳥の価値があると思います。

 


クロスを貼ったり、床のリフォームは簡単ですし、


外壁塗装なども足場さえ組んでもらえば誰でもできますので、


床貼りを簡単にする人は今ある床をはがさずにそのまま、


上からクッションフロアを貼れば新しくきれいになります。

 


ただリフォームそのものは根気がいるだけです。

 

 


しかし、サラリーマンの仕事の比べれば、


時間も自由にあり、自分の物件のリフォームから始めると、


自分の裁量でできますので、ストレスは少なく楽なはずです。

 


誰からも指図されず自分の考え、


自分の裁量でできますのでストレスはかかりません。

 


しかし、手間や時間がかかるので、


サラリーマンをリタイアして、


時間が充分ある人には向いていると私は思います。

 

 

 

しかし、在職中から会社勤めの合間に、


自分の物件を手入れしたり、


週末リフォームを経験しておけば、


定年退職後の仕事にすることは十分できると思います。

 

 

定年後の時間を持て余す人は、


定年退職後の仕事に古い家を安く買って、


自前でリフォームをして安く貸す仕事をすれば、


健康にもよく生きがいにもなります。

 

 

土地勘のある場所で中古住宅を購入して、


そこをきれいにしてお客さんに貸すだけでいいと思います。

 


お客さんはきれいな家を求めていますので、


リフォームされた物件は有用です。

 


特に一戸建ては古家は余ってきますので、


安く手に入るはずです。

 

 

 

日本には家が多く余っていると言われますが、


それは古い家で住めない物件が多いのです。

 

 

 

リフォームをすれば、住めるようになるはずですが、


リフォームされずに放置されている物件が多いだけです。

 

 

私はこれからの時代はリフォームの技術を持っている人は、


有用ではないかと思うのです。

 


定年後のリフォームは、サラリーマンの仕事でなく、


自分の裁量でやることができるリフォームを選べば、


ストレスはかかりません。

 

 

 

特に自分が購入した物件なら納得のいくようにできると思います。

 


定年を迎えて仕事がなくなると、誰でも元気がなくなるものです。

 

 

 

サラリーマンは定年後は年金だけだと、


自由に使えるお金が不足します。

 

 

 


なにより、定年退職をして家でゴロゴロしては、

 


家族のお荷物になり、健康上もよくありません。

 

 

 

定年を迎えるなら、少し早くても積極的に、


自発的に早期退職を決意して、不動産賃貸業で、


第二の人生に入って行く方が良いと思います。

 

 

 

自前リフォームはサラリーマンの仕事に比べたら、


楽にできるはずです。

 


サラリーマンの仕事の方がどう考えてもやはり苦労が多いです。

 


しかし、プロの職人のように、お金をもらってやるのは、


ストレス代も収入に算入されていますのでたいへんです。

 

 

サラリーマンの仕事は自分の住むマイホームのリフォームを、


しているみたいなものです。

 

 

面白みがないと思います。

 

 

少々の努力をしても給料には反映されません。

 

 

 

でも投資用不動産のリフォームは、運動になりますし、


健康にいいですし、ストレス解消にもなります。

 

 


最後は 喜んでもらってお金を生みますので、


そういった楽しみがあります。

 

 

 

 

このように、サラリーマン大家さんはリタイア後、


リフォームという仕事を本業にすればいいわけで、


何より自分の物件ですので愛着が生まれますよね。

 


というわけで、何といっても自分の物件のリフォームは、


自分で行うとやりがいがあって面白いと思いますので、


私はこちらを勧めます。

 


在職中から、不動産賃貸業を個人でやっている大家さんの場合、


当然セルフリフォームやDIYで、


自己の労働力を投入することがあると思います。

 

 

 

こういった自前リフォーム費用は、

 

自分の収入に上げることができます。

 

 


個人事業の場合は残念ながら、


材料費に関しては、経費計上はできますが、


自分の労働力投入分は個人の不動産賃貸業では、


経費計上することはできません。

 


つまり、大家さんの賃貸業が、


たとえ事業的規模であっても、


自分の労働力投入は、


経費計上することはできません。

 

 

したがって経費で落とすためには、


不動産の修繕やリフォームを専門に行う法人を、


設立して、大家さんが社長になって、


そこの法人にリフォームを依頼した形にして、


見積もりを上げて、大家さんがセルフリフォームを行って、


そして、リフォームが完了すれば、


書類を上げて、請求書をつくることで、


自分の労働力投入分は、個人の経費に計上することができ、


法人の所得になります。

 

 

つまり、この労働力を経費計上して、


法人の売上に上げればいいのです。

 

 

 

 

個人の労働力は、


経費に計上できない決まりになっています。

 

 

なぜなら、これは、個人事業主と大家さんが、


同じ人格だから経費では落とせないわけです。

 


ならば、リフォームを行う法人を設立すれいいのです。

 


リフォームなどは外部に依頼すれば、


大きな費用がかかりますので、


簡単なリフォームや原状回復メンテナンスくらいなら、


自分でやるという大家さんが多くいらっしゃいます。

 

 

自分でやっても材料などは買わなければなりませんので、


当然、費用はかかりますので、このような諸々の費用は、


法人に発注したようにすれば、労働力投入分もすべて、


経費計上して、そして法人の売上に計上すればいいわけです。


 

 

 

 



関連記事

古くなった一戸建て住宅を建て替えるか、リフォームですませるか

リフォームのすべて

サラリーマンをリタイアするためには

セミリタイアを達成してみて、(家賃収入と手取り収入は違う)

リノベーションとコンバージョン

リタイアの意義について(早期リタイアはハッピーか)

進化する貸家

リフォームの業者選び

リフォームローン

買った中古住宅の 雨漏りと傾斜

リフォームを安く早く上げる方法

リフォームローンの現状について

自前リフォーム

リフォームを定年後の仕事にする

入居者からのクレーム対応と修繕態勢

木造アパート床の防音対策

リフォームマンション

賃貸物件に あればよい設備

外壁塗装の仕方

一戸建ての浴室をユニットバス(システムバス)に替える

室内に洗濯機置き場を作る費用

シングルレバー水栓の替え方


スポンサーリンク



ここまでは、決して平坦な道ではありませんでした。 むしろ険しい上り坂ばかりであったように思います。 初期の頃は書いても自己満足で誰にも読まれませんでした。 それでも懸命に書いてこれたのは、 サイトの目的が、全ての不動産投資家の幸福実現のために、 また不動産投資業界の進歩発展のために、 他によかれしと願うものであったからにほかなりません。 ところがようやくアクセスが増え始めと思った矢先、 思いがけないことが起こりました。
グーグルによる手動ペナルティの発動でした。 yutaka-1115.jugem.jp/はウェブマスター向けガイドラインに違反しているため、 ページを表示することはできませんということです。 毎日一生懸命に記事を書き、 何とかページ数も積み重ねてきましたが、 何が何だかわからず、途方に暮れる毎日でした。 それ以来ペナルティ解除に取り組み、 3回目の再審査リクエストようやく復活することができました。 この解除に1年と2か月の期間を費やしました。 もう一度ペナルティが発動されたとすると、 もう解除する意欲も能力は残っていないかもしれません。 こうして、解除されたのですが、その時は、 大きな代償を背負ったと思いました。

リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)

サイトの目的が、全ての不動産投資家の幸福実現のために、 また不動産投資業界の進歩発展のために、 他によかれしと願うものであったからにほかなりません。 ところがようやくアクセスが増え始めと思った矢先、 思いがけないことが起こりました。 グーグルによる手動ペナルティの発動でした。 yutaka-1115.jugem.jp/はウェブマスター向けガイドラインに違反しているため、 ページを表示することはできませんということです。 途方に暮れる毎日でした。 それ以来ペナルティ解除に取り組み、 3回目の再審査リクエストようやく復活することができました。 この解除に1年と2か月の期間を費やしました。 もう一度ペナルティが発動されたとすると、 もう解除する意欲も能力は残っていないかもしれません。 こうして、解除されたのですが、その時は、 大きな代償を背負ったと思いました。

確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方

私は懸命に記事を書いてきましたが、グーグルの判断は、 ウェブマスター向けガイドラインに違反しているというものでした。 毎日記事を書くのに精いっぱいでSEОのことは何もわかりませんでした。 それなのに、ペナルティを発動されたのです。 さすがにやりきれない思いでいっぱいでした。 記事を書く目的はいったいなんだろうかと、 改めて考えざるを得ませんでした。 しばらくの間、私は悩み続けた結果、 ブログを書く真の目的は、大家である自分の成果を追及したり、 私の夢や目的を実現することではなく、

サイト内検索
カスタム検索

ユーザーの役に立つ、すべてのユーザーのためになる記事を書くこと、 全ての大家さんの豊かさを追求することだと気づかされたのです。 その時から、私は自分自身のスキルや不動産投資の結果を、 より伸ばすという当初の目的を捨て去り、 yutaka-1115.jugem.jp/を、 すべての大家さんの豊かさを追求すると同時に、 社会に貢献することとと改めました。 それ以来、全身全霊をかけて記事を書くことに邁進しようとして、みんなのためにいかなる苦労もいとわないという、 新たな決意を改めてすることができたのでした。
サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/214
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年など)
土地等を取得するために要した借入金の利子



不動産投資は投資であるからには失敗している人もいるわけです。 不動産投資の現役の皆さんが、 素晴らしい不動産賃貸業の経営に努められるのはもちろん、 一人でも多くの人々を裕福にされますこと、 またそのことを通じて、このサイトを書き続けた意義があり、 皆さんの不動産投資がより良いものとなることを願ってやみません。

スポンサーリンク



AX