サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


傾いた床だけ直す  | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
傾いた床だけ直す 

傾いた床だけ直す



建物自体が傾いてしまっている場合、

その建物を真っ直ぐにする工事をするとなると、

かなりの大規模な工事になり費用もかかってきますので、

賃貸にするためには、床だけでも真っ直ぐにしなければならないでしょう。



そうすると何をするかと言えば、

先ず傾いている床全体を、電動ノコとバールを使って、

全て床板を切り取っていきます。

床板を全てめくってしまいます。



そうすれば床は根太と土台とを残して、

むきだしになります。



そして全てとってから水平になるように、

新しい根太をはわすことで、

というわけで、この時に、傾いている床を、

しっかりと水平になるように、

矯正しましょう。



つまり全体的に低い方をあげて根太を土台に、

水平になるように打ちつけるわけです。



最後にその上から、

床板のフローリングを張っていきます。



この時に根太の上に、コンパネなどの捨て板を貼ってから、

その上にフローリング板を、

貼るようにしてください。



これは自分で、セルフリフォームでできるのです。



つまり、根太を土台に水平になるように低いほうを高くして、

貼るだけですので、やろうと思えばできるのですね。



当然、費用は自前で直せば材料代で済みますが、

プロの業者を呼べば、床の土台だけを水平にするだけで、

10万円位かかってきます。



ちなみに私の場合、当時サラリーマンでしたので、

時間がなかったものですから、

13畳のダイニングとリビングの床が、

10センチほど傾いていたので、業者に依頼して、

床だけ、水平にしてもらいました。



後はフローリングは、自前で貼りました。



このようにフローリンだけを自前で貼れば、

材料費だけで、収まるのです。



ここまで、全ての床のフローリング貼りの費用は、

材料費込みで10万円位で収まりました。



内訳は業者への床の矯正費用8万円+フローリングの材料費2万円

=10万円。

と言うわけで業者の請求書は8万円で上がっています。








関連記事
リフォームのすべて

室内の床鳴り、床のきしみを直すには

買った中古住宅の 雨漏りと傾斜

木造アパート床の防音対策

薬品をこぼして溶けた床やたばこの火で焦げた場合のクッションフロアシートの補修方法

傾いた床だけ直す

床のへこみ(直し)について

 

クッションフロアの上にフローリングを貼る

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/2144
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク