サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


ローン返済、繰り上げ返済にするか借り換えにするか | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
ローン返済、繰り上げ返済にするか借り換えにするか
繰り上げ返済にするか 借り換えにするかについて



借り換えは手元の預貯金を減らすことなく、


支払利息を減らすことができる利点があります。


一方


繰り上げ返済は手元の預貯金が減ってしまいますので


反面、家計のリスクが 高まります。




又 繰り上げ返済をすると 多くの場合 金融機関は期間短縮型を 


採用しているので 一度返済して期間が短縮さててしまうと、


今度は伸ばすことができないので注意が必要です。



収支の変化やライフプランの変化などで現金が必要になった時に 


苦しくなります。

 


借り換えの弱点は、登録免許税や事務手数料ローン保証料、


司法書士手数料などのコストがかかりますが、


それを差し引いても十分メリットが望めます。



保証料との関係で、最近は保証料がゼロの金融機関も、


増えて来ています。



以前の銀行でローンを組んだ際、保証料を負担していれば、


借り換え時にその保証料が戻ってきますのでお得になります。


 

景気状態によってローンの環境も変わってきます。



金利が下がったすきを逃さずさらに安い金利に借り換えを実行すれば、


月々の返済額を 減らすことができるので、


ローンの負担はかなり楽になりますね。




そのために いつでも借り換えができる準備をしておくことが大切ですね。



又 変動金利型や固定金利選択型で借りていて、


優遇期間が過ぎて金利見直し後の返済アップを減らすためにも、


借り換えをすれば毎月の返済額を引き下げるのに大いに役に立ちますね。



借り換えは従前の借入と同じ結果で、現在の毎月の返済額を、


引き下げることができるので かなりのメリットになるはずです。



そして返済期間は原則として借り換えの場合も、


従前の期間を引き継ぐ形となりますので、


返済期間を伸ばすことはできません。




また、借り換えの方を実行してそれから、繰り上げ返済をすれば 


さらに利点が得られると思います。







関連記事
資産家になる最善策は繰り上げ返済です

住宅ローン借り換え 投資用ローン借り換えについて

ローンの負担が苦しい人のために

繰り上げ返済か 不動産投資か

住宅ローン繰り上げ返済 投資用ローン繰り上げ返済


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/216
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク