サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


競売の入札価格の算出方法 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
競売の入札価格の算出方法

競売の入札価格の算出方法について詳しく

 

 

 


競売の入札価格の決め方ですが、

 

私は競売の入札価格を決める時は、

 

競売の入札価格は、基準価額に対して落札金額の割合と、


相場価格から算出した金額の低いほうで決めるのがいい考えます。

 


 

まず、この物件の価格の相場を調べる事からスタートしましょう。

 

 

ちなみに業者は、ほとんど、相場価格から検討に入りますね。

 

 

業者の入札価格=物件の相場(市場価格)−諸経費の合計額−利益

 

になります。

 


競売に入札するときは、

 

過去に、似た物件が競売にでていないかをみて、

 

それが、過去にいくらで落札されているか、

 

調べてみることです。

 

 


それと過去のデータからの落札価格の平均を出して、


相場価格から算出した金額と比べて、

 

どちらか低いほうで入札するわけですね。

 

 


高く購入しては、競売の意味がないので、

 

利益の出ない入札はしないのが鉄則です。

 

 

 

競売の入札価格の入れ方ですが、近隣で過去に、

 

どの程度の金額で落札されているかを確認します。

 

 

 

BITでは、今までに入札、落札されてきた物件のデータを、


過去数年間分、見ることができます。

 

 


これで基準価額に対して落札金額は、

 

どれくらいの倍率になっているかわかります。

 

その平均を出します。

 

 

 

その地域の物件に検索をかけると、

 

過去の落札金額データが出てくるので、


売却基準価額と売却価額を見て倍率を計算し、


データ―を取ります。

 


つまり売却価額÷売却基準価額=倍率

 

この作業をすると、地域・支部ごとに特性があり、


倍率にも差があることがわかってきます。

 


同じ県内でも、ある支部は1.2倍で入札すれば、


落札できる可能性が高いが、


ある支部は2倍以上つけないと、


ダメということは珍しくありません。

 

 


支部による特性の違いを把握し、


必要以上に高く入れることのないように注意しましょう。

 

 


自分が買える範囲の中で、入居者が期待でき、

 

競争相手が少なく、落札価額が高くない支部を狙うのが、

 

効率よく買うための秘訣ですよ。

 

 

後は、他の入札者がどのくらいの金額で入札してくるか想像し、

 

その少し上に入れるイメージで入札の金額を決定しますね。

 

 

 

 

 

関連記事
競売は儲かるかについて

競売の入札価格の算出方法


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/2164
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年など)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク



AX