サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


生活費の勘定科目 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
生活費の勘定科目

生活費の勘定科目   

 

 

 

確定申告で生活費の 収支内訳書、損益計算書、貸借対照表への記入方法について

 

 

白色申告では、収支内訳書は、

 

青色申告では損益計算書になりますが、

 

事業主の生活費は経費になりませんので、

 

勘定科目は事業主貸(資産勘定)で上げることになります。

 

 

 

一方、家族に支払う給与額は、

 

経費に計上することはできます。

 

 

専従者給与(青色事業専従者給与に関する届出書)として、

 

税務署に届けを出している場合は、

 

専従者給与として経費で落とすことはできます。

 

 

もっとも、白色申告では、家族従業員への給料は、

 

経費にできません。

 

 

 

白色申告の場合は専従者給与ではなく、

 

これは、専従者控除という名称に変わります。

 

 

専従者控除は、サラリーマンの給与所得控除のように、

 

あらかじ額が決められています。

 


最大86万円(妻以外の場合は50万円)までしか、


控除できません。

 

 

 

 

家族従業員の給料を経費に上げるのか控除に上げるのかで、

 

賃貸経営に及ぼす影響が違ってきます。

 

 

青色申告では、家族従業員への給与支払いが


限度額がなく、全額経費として認められることです。

 

 

まぁ、給与として支払ったことを帳簿に、

 

記載していなければなりませんし、

 

証拠として残しておかなければなりません。

 

 

 

家族に給与を払うかどうかは申告者の自由ですが、

 

まあ、専従者給与の額は常識の範囲内での支払いとなりますが、


実際には、家族が事業に従事している必要がありますし、


また、

 

65万円(給与所得控除)+38万円(基礎控除)までは、

 

税金がかかりませんが超えると課税されます。

 

 

事業主の生活費である事業主貸は、

 

所得税はかかりません。

 

 

事業主個人の生活費は、必要経費にならず、

 

事業用のお金を個人用に使った場合は、貸付金扱いになり、

 

不動産賃貸業の貸借対照表の生活費の勘定科目は、

 

事業主貸という資産勘定で処理します。

 

 

白色申告で事業専従者控除を計上する場合は、


103万円の給与までは所得税が0ですが、

 

それを超える場合は、所得税がかかってきます。

 

 

ここでの注意点は、白色、青色とも専従者を計上しますと、

 

控除対象配偶者専から外れますので配偶者控除、

 

配偶者特別控除とも受けられなくなることです。

 

 

 

それ以外に、子供の場合は、扶養控除から外され、

 

扶養控除(38万円)もなくなることです。

 


事業で得た利益で生活費を賄っていると、


事業主貸がどんどん増えていきます。

 

 

ですが、翌年の初めに、この事業主貸と事業主借は相殺され、

 

前年の利益とともに元入金に組み込まれます。

 

 

 

もっとも、事業収入で生活費を賄えなくなり、


アルバイトなど他の収入で生活費を補てんした場合は、

 

何も記入しませんが、そこで、


アルバイトの収入を事業資金に組み入れた場合は、

 

事業主借で上げることになります。

 

現金預金  xxx   事業主借  xxx

 

 

事業主借で収入が発生しますので、


現金預金はアルバイトをしたお金から持ってきたことになります。

 

 

その中から再び生活費に充てると、事業主貸が出ますので、


これで生活費をねん出したことになります。

 

事業主貸  xxx   現金預金  xxx

 

 

 

奥さんを青色専業専従者などの従業員にした場合は、


103万円を超えた部分の所得税は、

 

事業主が、奥さんにかわって、源泉徴収して、

 

税務署に納税する必要があります。

 

 

ちなみに、今まで生活費という概念がなく、


生活費を事業主貸として上げてこなかった場合は、


現金が手許残高と帳簿残高が合わないと思いますので、


過去にさかのぼって、事業主貸を計上して、


帳簿の数字と実際の現金を合わせておくといいでしょう。

 

 

事業主貸で事業からお金を引き出せるということは、


事業で利益が出ており、順調に経営されているという証です。

 

 

事業資金に余裕がないと生活資金へ充てることはできません。

 

 

生活していくためのお金が事業主貸であり、


サラリーマンの給与収入に相当するものです。

 

 

つまり、事業主貸は資産であって、


事業主貸が多いということは、


それだけ豊かな生活を送っている証拠だと言えるのですね。

 

 

 

 

 

 

関連記事
確定申告、現金期首残高(現金の開始仕訳)途中から現金勘定を起こす場合

最初の貸借対照表(開始貸借対照表)のわかり易い書き方

生活費は確定申告でどのように書くのか(生活費の勘定科目 )

所得金額と生活費

事業費と生活費の区別が必要です

税務調査の対象になる場合

事業主貸と事業主借、元入れ金

 

リタイア後の賃貸経営で家族を養っていけるのでしょうか

 

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク