サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


現金の開始仕訳 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
現金の開始仕訳

現金の開始仕訳について詳しく  

 


複式簿記での現金の開始仕訳について

 

 

不動産投資を始める場合、現金の期首残高を0円で始めると、


必要経費などを現金出費すると、現金出納帳が、


マイナスになってしまいます。

 

 

 

もしも、現金を今まで、きちんと記入していない場合などは、


途中から現金勘定を起こすことになります。

 

 

現金勘定と現金出納帳は同じ概念です。

 

現金勘定を細かく書いたものが現金出納帳ということになります。

 


現金の期首残高が0円で、もし固定資産税の支払等があるのなら


現金がないのに出費することはできませんので、


事業主個人の資金から出金しなければならないはずです。

 


したがって、固定資産税を払った時に、


租税公課  xxx円   事業主借 xxx円

 

あるいは、


現金   xxx円   事業主借 xxx円

 

租税公課 xxx円  現金   xxx円  

 

という仕訳を立てておきます。

 

 

そのあと、家賃の入金があれば、

 


普通預金 50,000円  賃貸料 50,000円
 

と仕訳して、

 


現金を引き出したのなら


現金 50,000  普通預金 50,000円


となります。

 


それを個人の通帳に戻したのなら、


事業主貸  xxx   現金  xxx


としておきます。

 


複式簿記で記帳するということは、


事業用現金と、個人の現金とは、


明確に分けるということになります。

 


なので、一定期間ごとに現金、預金の実際額を確認し、


帳簿残高と合っているかを照合して、


記帳間違いがないかをチェックする必要があります。

 

 


不動産投資開始時には、まず現金の期首残高の有高を、


確認をすることから始めます。

 

 


事業主個人が現金を出したのなら、

 

 

この時点で現金は、帳簿に記入しておく必要があります。

 

 

現金 xxx円   事業主借  xxx円

 

 

 


もしも、現金を今まで、きちんと分けていない場合は、


とりあえず100万円を事業用の現金として、


手元資金として用意しておくことが、


いいでしょう。

 

 

 

 
事業用の現金、100万円を出資して、


不動産投資を始めた場合の開始仕訳は、

 

 

期首仕訳は、


現金 100万円   元入金  100万円

 

 

 

と仕訳して、とりあえず100万円という勘定科目を立てます。

 

 


例えば、

 

頭金100万円と借入金1,000万円で、

 

中古物件1,100万(土地600万円、

 

建物500万)を、買った場合。           

              

 


土地   600万円  現金    100万円

建物 500万円  借入金 1,000万円 

  

 

 

 

家賃収入がまだないので、リフォーム費用30万円を、


事業主個人の貯金で支払った場合。


現金  30万円   事業主借  30万円

修繕費 30万円   現金    30万円

 

 


そのあとで家賃の入金と、経費の出費が行われる度に、


現金勘定に記入していきます。

 

 

手元の現金と、帳簿の現金勘定を合わせておくことが大事です。

 

 

自宅兼用の事務所の場合、自宅用に按分した水道光熱費を


事業用口座から支払った場合は、自宅の分は事業主貸で上げて、


事業用とは区分します。

 

 

 

(借)水道光熱費 xxx  (貸)普通預金xxx

   事業主貸  xxx

 

 

これが、事業主個人の口座から支払ったのなら、


(借)水道光熱費 xxx  (貸)事業主借 xxx

 


又は、

 

(借)現金    xxx   (貸)事業主借 xxx 


(借)水道光熱費 xxx  (貸)現金    xxx 

 

と記入しておきます。

 

 

今まで現金勘定を立てていない場合などは、


この際、現金勘定をきちんと立てて手元の現金と、


帳簿上の現金を管理することが賢明です。

 

 

先ず、期首残高を100万円として、


1年間の、現金の入出金をもう一度丁寧に、


洗い出すことから始めましょう。

 

 

年間を通じて現金勘定を付けていない場合は、


一年間の領収書とレシートを全て集めて、


合計することで現金出費の金額が出ます。

 


一方、銀行からの借入金を運転資金として事業用に参入すれば、


現金 xxx     借入金 xxx


となります。

 


このようにして現金勘定を整理していきます。

 

 

現金勘定を帳簿に付けて入金と出費の年度末の残高を計算します。

 

 

それを貸借対照表の期末の現金に記入しますと、

 

現金については完成です。

 

 

 

現金出納帳と預金出納帳との区別がつかないときは、


とりあえず、両方まとめた現金預金出納帳を作って、


預金出納帳の残高を差し引くことで、


現金出納帳の残高を求めることはできます。

 

 

 

ちなみに、貸借対照表の普通預金の金額は、


銀行通帳を複数持っている方は、


事業用の普通預金通帳の12月31日現在の通帳残高を、


記入します。

 


まぁ賃貸業の場合、現金よりも、


ほとんどは預金取引になりますよね。

 

 

しかし、入出金の管理において、


お金の出し入れする場合、その都度記帳し、


銀行に預金するにしても、


ホームセンターで買ったものの支払いをするにしても、


リフォーム代を支払うにしても、


また税金の支払いをするにしても、

 

現金で払った場合は、


その都度記入しなければなりません。

 

 

また家賃入金の場合も、振り込みがあった場合も記帳処理します。

 


また、小口現金を扱う場合には、


毎日の締めにおいて現金の残高が、

 

帳簿の残高と一致することは当然だと思います。

 

 


しかし、これは現金の出し入れの都度、

 

現金の残高と帳簿の残高が、

 

一致しているということの結果である必要があります。

 

 

すなわち、締めのときにつじつまを合わせるというのではなく、

 

全ての時点において、現金の動きと帳簿の動きが、


合致していなければならないことを意味します。

 

 

自動販売機のお金の管理は、一回に取り扱うお金は、

 

微々たるものかもしれませんが、

 

それも、溜まれば大きな金額になります。

 

 


以上のチェックは一見、当たり前のことですが、


当たり前のことを確実に守ることこそが実際には難しく、


それだけに大切にすべきことだとなります。

 


繰り返し確認していくことによって初めて

 

業務の中に定着していくものです。

 

 

 

 

 

 

 


関連記事
開始貸借対照表のわかりやすい書き方

確定申告 生活費はどのように書くのか(生活費の勘定科目 )

確定申告、現金期首残高(現金の開始仕訳)途中から現金勘定を起こす場合

現金出納帳の書き方

現金の開始仕訳

 

簡易簿記の書き方

 

複式簿記の書き方  

キャッシュフロー計算書の分かり易い作り方、理解の仕方

普通預金出納帳の書き方


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/2201
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク