サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


この美しいビジネスの本質を忘れてしまっていないか | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
この美しいビジネスの本質を忘れてしまっていないか

この美しいビジネスの本質を忘れてしまっていないか

 

 

不動産賃貸業とは、不動産をどこよりも安く仕入れ、


そこをきれいにして、入居者に貸してあげる。

 

そのことで利益を上げる。

 


不動産賃貸業は今後ともこの方法のみを、

 

忠実に遂行していくことが、


賃貸業というビジネスの本質であると思います。

 

 

かつては、不動産投資とは不動産を安く購入して、

 

高く売るという、


右から左に流すことによって多大な利益を得ることを、

 

追求した時代もありました。

 

 


しかし、簡単に手に入るお金は簡単に、

 

逃げていくというものです。

 


不動産賃貸業を行っていくにあたっては、


ビジネスの本質がなんであるかを、

 

忘れてはいけないですね。

 


ビジネスの本質はお客様に喜んでいただくという、


基本に基づいているべきなのであって、


優れた賃貸業を経営できる人は、


お客様により多くの利益をもたらすことが、

 

できる人だと考えます。

 


このような姿勢で賃貸経営できる人は、

 

自分自身に対しても、

 

より多くの収穫をもたらし、

 

利益を呼び込むことができるでしょう。

 

 

ビジネスの本質は、自らの賃貸業で、


どれほどたくさん税金を、

 

支払わなくてはならないにしても、


税引後の利益を大切にし収益性を上げる努力を、


続けなければならないということです。

 

 

損をしてでも守るべき道、正しい道なら、

 

苦を承知で引き受ける覚悟、


この基本に立てば、大きく道を誤ることもないし、


一時的には損に見えても、

 

やがて必ず福となって戻ってくるはずです。

 

 

それこそが、成功の果実を得ることができるかどうかの、


分岐点になるのではないでしょうか。

 

 

要は、相手にも、利のあるように、


相手を思いやる気持ちがビジネスの原点であり、


利益を追うものではなく、利益は、

 

後からついてくるものだと思います。

 


思いやりとか、相手に良かれと思う美徳が、


すっかり忘れさられてしまったことが、日本経済だけでなく


賃貸業そのものの力が弱くなった証拠ではないでしょうか。

 

 

 

関連記事

アパート経営を失敗に招く原因(こころやさしい人は目立たないところにいる)

 

この美しいビジネスの本質を忘れてしまっていないか

不動産投資を始める動機

情熱と熱意をもって、闘志を燃やす

不動産賃貸業をしているそのことが立派なことです

周囲の人に益があるという確信があるのなら進んでリスクを取ってみる

不動産投資は何が原因で失敗するのか

美しい心とやさしい心を持って始めた不動産投資はうまくいく

 

大家さんも他の経営者と同じ度胸が必要

 

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/2216
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク