サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


ローンの負担が苦しい人は借り換えをする | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
ローンの負担が苦しい人は借り換えをする

ローンの負担が苦しい人は借り換えをする

 

 

 

 

ローンが苦しいために生活が立ち行かなくなってきました。

 

どのように家計を 見直したらよいですか。



子供の教育資金がかかるようになったことで、

 

家計の支出が増えた。 

 

あるいは


給料が減ってきたため、転職をしたり、

 

妻が仕事を辞めたなどの理由で収入が減った


場合などの危機に直面したとき。

 

行き詰ってしまいます。

 

 


このとき

 

ローンの借り換えがかなり効果的です。

 

 

一般的に、ローンの借り換えは、

 

返済期間が10年以上あれば検討することです。

 

 

 

ローンの負担を減らすには2通りあり、

 

一つは繰り上げ返済、もう一つはローンの借り換えです。

 

 


しかし、手元の預貯金がなければ、

 

繰り上げ返済に回す資金は有りません。

 

 

その場合は、借り換える手があるのですが、


借り換えのメリットはどこにあるのでしょうか。



 

借り換えとは 今借りているローンを完済して、

 

別のローンに乗り換えることをいいます。




従って借り換えできるかの条件は、ローン残債よりも、


担保価値があることが前提になってきます。




担保価値の方がローン残債よりも下回るなら、繰り上げ返済して


担保価値と同じくらいにしておかなければなりません。



まず繰り上げ返済が必要になってきます。



繰り上げ返済の資金を用意できるかどうかで、


借り換えの有無が決まってきます。

 

 


借り換えする時にコストがかかるという理由で、
 

足踏みする人がいますが、実はコストを加味しても、
 

十分メリットがありますので、


借り換えは考える余地はあります。

 


借り換えには、登録免許料や事務手数料、

 

ローン保証料や、抵当権末梢そして設定費用


などのコストはかかりますが、

 

そのコストも含めても、利点があるかどうかを、


検証する必要があります。

 


固定から固定へ、固定から短期固定へ、

 

あるいは、固定から変動へ、


変動から同じ変動へと色々ありますが、

 

ローンの負担が苦しい場合は、


こういう様式にはこだわっていられません。


 

さしあたり次回からの返済額を、

 

減らさなければなりませんから、

 

条件よりも、借り換えて行くことが先決です。

 

 


注意点は一つ借り換え後の期間は、

 

借り換え前のローンの残返済期間内に


設定されます。

 

 

それを考慮に入れて借り換えは、

 

金利差1%以上でないとメリットがないといわれますが、

 

それは一般的であって0.3%や、0.1%でも、

 

メリットがある時もあります。



 

今なら3年固定金利選択型 金利1%のローンが一般的です。

 

 


従前にそれよりも高い金利で借りている人は、

 

固定から3年固定に代わっても 


借り換えの結果、返済額はガクンと減らせます。

 

 

4年目に金利変動はありますが、

 

それはそれで構わないはずです。




目的は次回からの返済額を減らすことだから、

 

3年間でも楽になるのなら借り換えてみて、

 

その間に家計の改善策を考えましょう。

 




3年間あればいろいろ対策を取ることもできますので、



時間をかけて 考えていけばよいと思います。



 

他にもっと条件の良い借り換えがあるかわかりません。



金融機関によっても違ってきます。

 

今借りているローンよりも少しでも金利が低く、

 

メリットがあるのなら、借り換えを実行しない手はありません。



それから



保証料の かからない金融機関も有りますので、

 

かからないところを探すと、

 

諸費用は20〜30万円程度で収まってきます。

 



さらに従前の借入の時に保証料を負担していれば、

 

借り換え時にその保証料が戻ってきますので、

 

諸費用はほとんど負担はないはずです。


 

借り換えた方が、月々の返済額を、

 

減らすことができればよいのですから


やってみることを お勧めします。

 

 






関連記事
ローン返済 繰り上げ返済にするか、借り換えにするか

住宅ローン  頭金ゼロは、将来の借り換えの障害になる

住宅ローン返済困難になった時、競売にするか任意売却にするか

マイホームを手放さずに 借金を整理する方法

 

借り換えの際の登記費用の計上はどのようにする(投資用ローン借り換え、住宅ローン借り換え)


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/222
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク