サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


賃貸アパート全面リフォーム費用 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
賃貸アパート全面リフォーム費用

リフォーム費用の減価償却、大規模リフォームは何年で減価償却する

賃貸アパート全面リフォーム費用

リフォームのすべて

汲み取り式から水洗トイレに替える費用  
セルフリフォーム工事の確定申告

不動産の取得価額に含める費用、含めなくてよい費用


賃貸アパート全面リフォーム費用について

 

 

アパートも古くなると建て替えてはどうですかと人に勧められ、


とりあえず新築アパートを3,000万円くらいで建て替えようと、


考えていらっしゃる方が多いと思います。

 


アパート経営する限りでは、建て替えするのは危険だと思います。

 


3,000万円で建て替えると、借入もそのくらいになってくる、

 

その時は、家賃収入も現在の収入よりも大幅にアップするのではないかと、


お考えだと思う。

 

確かに借入金は増加します。

 

しかし、純家賃収入は、増えるのではないかと予測しているだけであって、


増えるという保証は何もない。

 


家賃はアップせずに現状維持かもしれません。

 

家賃が入ってきても、借入金の返済に回ってしまうのです。

 

ハウスメーカであれば、注文を受け入れてから、


材料の手配をしていくことができますが、

 


アパートのような装置産業では、


建て替えをやるかやらないかで一気に費用が変わります。

 

 

例えば建物だけができただけでは使い物になりませんから、

 

設備費用は全部必要になるわけです。

 


だからと言って、利回りがアップする保証は、

 

どこにもありませんから、

 

リスクはいやでも増えていきます。

 


もし、私がアパート経営するなら、別の考えになります。

 

そもそも、建替えに何千万も使おうと思いません。

 

おそらく、建て替えをするというのも、


業者の方や、知り合いの不動産屋さん、設計業者、そういう人たちが、


こうすればいい、ああすればよいと勝手に見積もった金額だと思うのです。

 

なので、老朽化して外観も汚く、内装も傷んでいると思われるところ、


時代遅れになっているところがどこなのか、


まずは自分の目で確かめ、空室になった部屋から順に、


リフォームで直していくのが良いと思います。

 


アパートを建て替えようと思えば、普通なら、


建築業者やハウスメーカーにお願いし、


また、設計事務所に依頼するでしょう。

 

そうすれば、何千万もお金がかかるはずですが、


リフォームで直していけばそれほどかかりません。

 


もっとも、業者にリフォームを依頼するところと、


自分たちでdiyで直していくところを分けると、

 

費用を節約できるのです。

 

自分たちでやるところは、壁紙を貼ったり、ペンキを塗ったり、


それだけでも素晴らしいアパートに作り変えることができます。

 


費用をかけずに最小の経費で、アパートも変えることができれば、


業績も好転していくものと思います。

 


賃貸アパート全面リフォームの費用ですが、


新築並みに工事をするために、アパート一室全てのリフォームを、


業者に依頼した場合の工事費用はマックスで150万円と出ています。

 

一方、新築に建て替えた場合は、


一般的に、一戸当たり最大500万円はかかっています。

 

当然アパートですから、戸数分の費用が掛かってきます。

 


賃貸アパート全面リフォーム費用についての概算

 

内訳は、


浴室取り換えで50万円、


(システムバス 価格35万円

システムバス取り付け工事10万円

浴室給湯給水排水工事、5万円)

 

 

 

キッチン取り換え10万円

 


取り付け工事、設置工事代2万円、

 

キッチン給湯給水排水工事、3万円、

 

 

洗面所増築工事、外壁、屋根、内壁、床、天井修理、5万円


洗面化粧台取り換え工事費込10万円、

 


洗濯機脱衣場設置工事、2万5,000円


内訳(洗濯機給水排水工事5,000円、)

 

 

トイレ取り壊し、新設費用 12万円、

 

(トイレ取り付け工事2万円、トイレ、ドア込み8万円、

トイレ給水排水工事、2万円)

 


耐震金物補強、柱交換費用10万円、


室内一部解体撤去工事、8,000、


電気工事、5万円、


天井、壁 クロス貼り工事 3万円、


巾木取り付け工事2万円、


天井回り縁取り付け工事、3万円


廃材処分費、5万円


諸経費 5万円

 


浴室、基礎、窓開口、解体工事、土間コンクリート打穀 5万円

 

床畳部分、脱衣所、根太組み、合板下地工事、3万円


床畳部分、脱衣所、キッチン、フローリング貼り工事2万5,000円

 

天井野縁組、ボード貼り、リビング、脱衣場、


トイレ、ボード貼り、壁ボード貼り工事 5万円、


壁胴縁組工事  3万円


リビング引き戸2枚取り付け工事 8万円

 

 

新築並みにリフォームした場合、


最大に見積もって150万円の費用です。

 

従って、賃貸アパート全面リフォームすると、


費用は150万円×戸数分です。

 

しかし、新築アパートを建て替える場合は、


500万円×戸数分が一括でかかります。

 

それに取り壊し費用が坪当たり25万円ぐらいかかりますね。

 


老朽アパートの建て替えのタイミングは、建て替えをせず、


リフォームによるリニューアルをお勧めします。

 

今の状況を地道に切り抜けていくべきではないでしょうか。

 

そのほうが安全であり、うまくいくと思います。

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク