サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


サラリーマンのうちに貯金をして不動産投資を実践する | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
サラリーマンのうちに貯金をして不動産投資を実践する

サラリーマンのうちに貯金をして不動産投資を実践する



大家さんになるためにもどうしても、種銭を貯める必要があります。



大家さんになるには 何としても300万円貯めることです。


利息などは考えずに、定期預金などはどこに預けても、


たいして差はありません。



世間には、同じように就職してもいつまでたっても


貯金のない人もいれば 働きだして5〜6年で


1000万円貯めた人もいます。



とにかく、300万円程度のお金を貯めるには、


グズグズせずに短期間で貯めてしまうことです。


そして300万円貯まれば これまた一気に 次の目標である


500万円まで容易に行けるはずです。


この最初の300万円を クリアできるかどうかで 


その後のお金との縁も決まってくると思います。



300万円貯めることができない人は、いつまでたってもダメでしょう。


そうは言っても 一気にはなぁと 躊躇したり、


実はいま、ボーナスが期待できず、


そうはいかないのですという言い訳は、


絶対にしてはなりません。



どんなことがあっても、貯めるという決心です。



うまくいけば300万円貯められるという軽いものではありません。



自分の意志です。



意志が強くなければ、貯金はできません。


貯金しないと、不動産投資をすることはできません。



ここで大事なのは、貯金は地味ですが、


一歩一歩、着実にということです。



どんな偉大なことも、一歩一歩の積み重ねでしかなしえません。



社会に出て周りの同僚や先輩たちを見て どうせ結婚すれば 


不自由な我慢生活が待ってるんだと、 


だったら、それまでの間せめて自由にのびのびやっていたいと。



確かにその気持ちはわかります。



会社の中にも若いうちから セコセコ貯金なんかするな 


それよりもっと大物になることを考えて自分を磨けなどと


説教する上司もいる。




若いころの私の上司もそうでした 


居酒屋で飲むたびに、口癖のように説教したりする。



そういう上司はそんなに大物なのかと思ってしまう。



言うことは立派でも、所詮会社に縛られ何もできない。



そういう人の言うことは、右から左に聞き流すことです。



ただし、単に300万円だけを貯めるという目標を上げるだけでなく、


その300万円を掲げ、実現するためにはこういうことをしていきたいと、


その300を達成するためのシナリオまで全部作ってしまうのです。


現実問題として 大家さんになるにも、起業するにも資金がいる。


要するに 夢を追うにもしても 


最初の数百万円も貯められない人には


何もできません。


 

当然、会社を辞めていきなり独立するのは賢い選択とは言えません。



いきなり、独立することはリスクが高すぎます。



起業するにしても、最初の1年間は、


収入がなくてもいいようにしておく必要があるのです。



独立は、サイドビジネスとはわけが違います。



家族が十分に食べていけるだけの収入を稼ぐことが


できないといけません。



サラリーマンではうまくいかないので独立してみようかという


甘い気持ちでは絶対失敗します。



一方サラリーマンでいることにも 大きなメリットがあります。


多くのサラリーマンは、頭打ちとはいえ定期的に、


毎月収入が入ってきます。


それに、サラリーマンだからできる仕事もたくさんあります。


大きな会社に勤めている人ほど、不動産投資のチャンスはあります。



又 会社から給料をもらいながら、不動産投資のノウハウを、


学習することができます。



だから安易に会社を辞めないでと私は言いたいのです。


会社を辞めないで、在職中に不動産投資の実践をしていく。



独立するにしてもサラリーマン時代に不動産投資で、


ある程度収入を得ることができるようにしておかなければ危険です。



サラリーマンのままでも 年収アップできるのが不動産投資の特徴です。



サラリーマンの中には、あと毎月10万円収入を増やしたい。



また、年間100万円の年収アップでよいという方もいるでしょう。


そのような方は、それこそ不動産投資を副業としてやればいいのです。



不動産投資ならサラリーマンの場合、


自営業とは比べ物にならないくらいリスクが少なくて、


ローンを組むのも有利であって、


サラリーマンであるうちに、


副収入を稼ぐ道を作っておくべきです。



実は、サラリーマンのすごさは、会社を辞めて 


お金を借りるときに実感します。



辞めると、融資の申し込みに行っても、


どこも相手にしてくれません。



独立するなら不動産投資で、ある程度収入が、


入ってくるようになってからでいいのです。






賃貸住宅に住んでいる人が、サラリーマン大家さんになるには

スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク