サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


銀行融資を受けるための事業計画書を提出する | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
銀行融資を受けるための事業計画書を提出する

銀行融資を受けるための事業計画書を提出する




これから、賃貸事業で融資を受ける場合、


事業計画書を提出してくださいと、


言われることがあります。



どんな時も融資を受ける時は、


その借り入れを行うことによっていかに今後、


賃貸業が安定するか、


また収益的にプラスになるかを中心に説明すべきですね。


それが銀行に安心感を与え、


これならば融資をしても大丈夫かなという、


気持ちにさせることにつながると思います。




アパートを建てる場合の事業計画の注意点は、


大家さんが描いているアパート経営についての、


事業計画書の中身に無理がないかです。




つまり、アパート経営は、


事業として成り立つ条件を十分備えているのかどうか、


検証して事業計画書を作る必要があります。



アパート経営はすでにその地域で、


存在していますので、


その市場に対応できるような賃料で、


アパートの運営ができるのかどうか。



実現可能な売上の見通しを示す必要があります。


 

アパートの市場賃料をはじき出して、


建築費、設備費用を含めて、


このくらいの建築コストがかかってくる。

 


その市場家賃に対して、十分対抗できるコストで、


建築できるのか。

 

これを十分検討して、将来予想と、


事業のシミュレーションと、


これだけの利益が得られるという、


事業計画書を提出することができれば、


それだけで、審査に合格することになるはずです。



ただ問題は、この計画と実際の実績が、


大きくかい離することが少なくなることが大事です。



計画の見かけを良くするため、


無理な事業計画になってしまうと問題があります。



そんなときは、多くの場合、


結果的には大きく達成できなければ、


次回の借り入れの申し込みをすることがある場合、


信頼自体なくしてしまいます。



こうした点から、銀行に提出する事業計画書は、


あまり背伸びせずに、何とか融資が返済できるくらいに、


留めておくのがよいと思います。



また事業計画書について説明するときの注意点は、


基本的には、銀行に対しては情報を隠さず、


正直であるべきだと思います。



特にマイナス情報ほど、


きちんと説明しなければなりません。



けれども、度が過ぎるのはよくありません。



マイナス点は、何かのついでに触れる程度にして、


あまり強調しすぎないことです。







関連記事
更地に一棟アパートを新築するプラン

ローンの壁を 突破する方法は?


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク