サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


賃貸経営のトラブル | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
賃貸経営のトラブル

アパート マンション経営のトラブルについて。

 


 


不労所得を 得ることは簡単なことではなく 

 

リスクも付きまといます。

 

 


良い面ばかり 楽なことばかりで お金が入れば 

 

こんな良いことはありません。



苦労もやりがいだと 思えばそれはそれで励みになりますが。 
 


そこで先ず考えられる トラブルをあげていきましょう。

 



家賃滞納問題


十分な時間と 余裕があり 徹底的に入居者と 

 

付き合う覚悟がなければ、業者に頼んだ方がいいです。

 

 

業者は業務として行いますので 滞納者には威圧感が生まれ 

 

支払いを 守るケースにつながります。 

 

 

業者にはそれだけの 能力と経験を 備えていますので 

 

依頼する方がベターといえます。 

 

特にサラリーマン大家さんは 本業が ありますので 

 

本業に支障のないように業者に依頼する方が良いです。

 

 

 

 

 

オーナーチェンジ物件、保証会社未加入

 

 

 

オーナーチェンジ物件を購入した際に、


保証会社に加入していない入居者が含まれていたらどうする。

 

 

結論は、オーナーが変わった時に保証会社の加入を、


強制することはできません。

 

 


オーナーチェンジ物件を購入した際は、


以前の契約を引き継ぐのですが、


保証会社に加入していない借り手が含まれていた場合に、


オーナーが変わったからといって、保証会社の加入を、


強制することはできないと法律ではなっています。

 

借地借家法第28条(建物賃貸借契約の更新拒絶等の要件)

 

 

 

 

最近の賃貸契約は、滞納保証会社の加入を


入居審査も兼ねて、


全額入居者負担で契約することを、


入居の条件にしているところが多くなっています。

 

 

しかし、オーナーチェンジで物件を買った場合、


入居契約者が保証会社加入で賃貸契約をしている借主は別として、


古くから入居している入居者の中に保証会社未加入で、


従前のオーナーと賃貸契約を交わして入居者が含まれている場合があります。

 

 


その際、保証会社加入を求めても加入を強制することはできません。

 

 

 

もし、保証料オーナー負担で保証会社加入を求めて、


入居者が応じてくれた場合、


審査が通らなかったとししても、


それを理由に退去を迫ることはできません。

 

 

つまり借主はオーナーが変わった際に、


保証会社に加入の義務はありません。

 

 

 

これでトラブルになったりします。

 

 


また滞納保証会社加入への保証料の負担も、


大家さんと入居者との取り決め次第ですから


一概に、どちらが負担するというものではありません。

 


折半にするのか、あるいはどちらかが全額負担するのか


自由ですが、新オーナーが保証会社加入を求める代わりに、


保証料を全額負担を提案してみるのもいいかもしれません。

 

 

繰り返しになりますが、オーナーチェンジで、


大家さんが変わったからといって、


契約内容を変えることはできないと、


法律では決まっています。

 


保証会社なしで居住している入居者に対して、


オーナーが変わった時に保証会社の加入を求めることはできますが、


加入を強制することはできません。

 

もし、審査が通らなかったりしても退去を迫ることはできません。

 

つまり借主はオーナーが変わった際に、保証会社に加入の義務はありません。


 

まあ、保証会社の加入を要求しても、


強制力はありませんし退去も迫れません。

 

 

賃借人が拒否している場合でも、加入を強制する事はできないですね。

 





この他、賃貸経営のトラブルには次のようなことがあります。

 

 

部屋の毀損


使用目的の違反


長期の不在


迷惑行為

 

管理規約違反

 

小動物の飼育

 

勝手なリフォーム

 

又貸し

 

以上のようなことです。



賃貸契約に時には 禁止事項 

 

 

使用目的制限事項などの記載があり、

 

仲介業者を通じて入居者に重要事項として説明し、

 

納得の上で入居してもらう流れになります。

 



入居者の方は 常識で考えてこれはいけないというものは 

 

大体分かるものだと思います。

 


安易に家賃を払っているのだからという考えで 

 

住まいの資産価値を下げるようなことをしたり、 

 

契約書があっても関係なく違反を犯す人はいます。

 

 

そのような人が出てきた場合 どのように対処するかということは


日頃から、考えておかなくてはならないですね。

 

 




関連記事
大家さんの日常(トラブルと平穏)

賃貸経営のトラブル解消

木造アパート床の防音対策(音のトラブル)

入居者からのクレーム対応と修繕態勢(修繕トラブル)

買った中古住宅の 雨漏りと傾斜(建物のトラブル)

入居者の立ち退きにはどう対処すればいいんですか(立退トラベル)

管理会社のトラブル

家賃滞納トラブル
 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク