サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


余裕のある時に全力でことに当たるために手元資金の蓄えを十分に持つ | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
余裕のある時に全力でことに当たるために手元資金の蓄えを十分に持つ

不動産投資の最大のリスクは内部留保の不足
余裕のある時に全力でことに当たるために手元資金の蓄えを十分に持つ


余裕のある時に全力でことに当たるために手元資金の蓄えを十分に持つについて

 

 

 

 

 

不動産投資のチャンスをつかもうとするなら、

 


素早く行動できなくてはなりません。

 

 

 

そのために、利益を蓄えて自己資金に、


余裕をつくっておく必要があるのです。

 


しかし、自己資金が潤沢な投資家は少ないといえます。

 


自己資金がないのは餌がないのと同じで、


ぎりぎりの賃貸業だと、何か一つトラブルがあると、


窮地に転落します。

 


なので、経営者は必要に応じ使える自己資金を、


十分持てるようにしなければならないはずです。

 


私はサラリーマン時代は属性もよくなかったものですから、


貯金と言う努力でカバーする以外なかったのです。

 

 

その甲斐があって、サラリーマンをリタイアすることができました。

 

 

普通、みんな会社に入れば安泰で、


がつがつしなくなると言います。

 

 

けれども、私の場合は、遊ぶお金がなかったこともありますが、


会社の将来に危惧を感じていたものですから、


大家さんになることに明け暮れました。

 


皆さんも記憶にあると思いますが、


とにかく、いろんなことに邪魔されて、


サラリーマン時代は思うようにいかないことが多いものです。

 


これは、良い会社に入った人ほど、貯金しなければと思いつつ、


できないで来てしまうわけです。

 

 

大家さんになっても、今は満室だからお金がなくても、


当分は賃貸業も大丈夫だと思って、


資金を残していないと、


必ず何かトラブルが起こって、


思惑どおりにいかなくなります。

 

 

資金をいつも準備して余裕をもっておけば、


たとえどんな問題が起ころうとも、誰に迷惑をかけないで


問題を解決することができるはずだ。

 

そう考えて私は、

 

十分自己資金を手元においておくようにしています。

 

 

空室が重なってリフォームに追われた時期が何度かありました。

 

 

空室と大規模修繕が何度も重なりましたが、


それでも自己資金を十分温存していたために、


だいたい100%うまく行っています。

 


このように何が起こっても大丈夫だと言えるくらいの、


余裕を持つように心がける必要があります。

 


それだけでなく、余裕がないと、家族仲が悪くなったり、


賃貸仲介業者や補修業者さんに嫌われます。

 

 

それが空室率の増加と、銀行返済に影響がでてくる可能性があります。

 

 

家族仲といえば、普通の家庭以上に十分な生活費を妻に渡していても、


傲慢な態度をとれば、家庭も安泰ではありません。

 

 

また妻だけでなく子供たちとの関係もあります。

 

 

子供たちと過ごす時間は大家さんが考えている程、


長くはないです。

 

 

中学生以上になれば、子供は親との関係よりも、


友達や恋人との関係を一番とします。

 


子供が大きくなって親の元を離れていくのは、


驚くほどに早いです。

 

 

人が人生の中で一番幸せだったと思える時期は、


自分の子供が生まれた瞬間から、


その子供が小学校3年位になるまでの、


10年間ぐらいだと言われています。

 


したがって、子供達との関係も大事にしなければ、


この先、後悔するでしょう。

 

 

 

また、新しい物件を購入する時期は、


十分な自己資金を所有してからにすべしですね。

 

 

 

いつでも出動準備をするためには、最低限、


常に300万円の預金を手元においておくことが大事です。

 

 

300万円の現金預金はかなり威力があるのです。

 

 

いつでも引き出せる資金を確保しておくことが、


不動産投資には必要なのです。

 

 

 

新しい物件に投資資金を投入しても、


それでも、自己資金が手元に残ってくるぐらい資金が潤沢にある、


恵まれた投資家なら、新しい物件につぎ込んだ資金を、


すべて失ったとしても、持ちこたえることができるでしょう。

 

 

 

つまり、次の物件に投資資金を使っても、


まだ手元資金が残っているとすれば、


その物件に失敗して全てを失っても、


既存物件を維持していくことはできます。

 

 

 

これが新しい物件を購入しようとする大きな励みになるのです。

 

 

もしこのような蓄えがなかったら、


新しい物件の購入に乗り出すことは困難になってくるでしょう。

 

 

 

余裕のある賃貸経営をするということは、

 

自己資金の蓄えを十分持つことだとなってきます。

 

 

賃貸経営をしていれば、建物老朽化が急速に進み、


わずかな間に修繕が重なることがあります。

 

 

 

また、お金がなかったので、他の人に買われてしまった。

 


もっと自己資金を保存しておけばよかったなぁ。

 

今は、自己資金がないので、


いい物件の話が来なければいいがなと思っていると、


案の定、そんな時にいい物件の話が出てきてしまってほぞをかむ。


そんな経験が皆さんにもあると思います。

 


私も、不動産投資で勉強を始めた当初、


同じ失敗を何回もしました。

 


このような時は非常に後悔するわけですね。

 

 

後で悔しい思いをするくらいなら、


明日にでも引き出せる資金を、


用意しておくことに越したことはありません。

 

 

私は自分の失敗からこのことを肝に銘じてきたものですから、


ぎりぎりになって貸してくれるところがないかと言って、


金融機関をかけずりまわっている家主を見たり聞いたりすれば、


これではいかんなぁ、この大家さんでは貸家業を、


遅かれ早かれつぶしてしまうなぁと、


思ったものです。

 

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク