サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


自宅購入ローン フラット35について | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
自宅購入ローン フラット35について
自宅購入ローン フラット35についてあれこれ詳しく




フラット35の特徴は最長35年間、


全期間固定の低金利で借りられることです。 




住宅ローンは、いろいろな金融機関で、


同じ名前のローンが扱われています。



フラット35のメリットは全期間固定金利なので、


返済額は変動しませんので資金繰りの計画が立てやすいことです。




そして保証料が無料であることが特徴です。




これは貸し倒れのリスクを証券化という仕組みで


カバーしているからです。


通常の住宅ローンでは、


この保証料が1000万円あたり20万円ほどかかりますが、


フラット35では一切かかりません。




このような優れた特徴に加え全国対応であり、


頭金が10%以上あればよいことが挙げられます。




金利が安いのは、住宅金融支援機構(前身は住宅金融公庫)が、


民間金融機関と提携して提供するローンだからです。




民営化した住宅金融支援機構は、


直接の融資は行わなくて、取り扱う金融機関が、


自由に金利を設定して融資を行う仕組みになっています。




金融機関によって金利が違ってくることがあるので


よく比較検討することが大事です。




以前の公庫融資は自宅の新築住宅だけが対象でしたが、


今は中古住宅はもちろん、セカンドハウスまでも、


融資の対象になっています。




又、賃貸併用住宅でもフラット35は、利用できます。




これは全面積に占める住宅部分の割合が50%以上であれば利用できます。



しかしフラット35にもデメリットもあります。




それはフラット35は新規融資のみを対象にしていますので、


借り換えには利用できません。




それから住宅を検査し、


一定の品質水準をクリアーしていることを、


証する適合証明書がなければ融資対象になりません。




そして適用金利は融資実行の時点での金利が適用されます。



大型マンションの場合は申込から、


融資の実行までの期間が長くなるので注意を要します。



その後の、金利が上昇すると申込時より高い金利で、


借りなければならないからです。



逆に低くなれば、いいのですが、


今より低い金利になる余地は少ないものです。




フラット35を選ぶか、変動金利型を選ぶかどうかの判断は、


めいめいの責任で、いろいろの経済情勢をにらみながら、


ご自分で、決めることになります。



どちらが有利かどうかは一概には言えません。



これは、専門家でも苦心するところです。



人それぞれ個人のライフスタイルに合った選び方が


あると思います。



いずれにしてもローンのことはよく研究して、


試行錯誤を繰り返して、自分なりの選び方が、


大事になってきます。




なお 銀行によっては50年間固定金利のフラット50を、


扱っているところもあります。









関連記事
住宅ローンの融資可能判断

親子が協力して返済する親子二世帯ローン

住宅ローンを利用して大家さんになる

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク