サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


リースバック方式か所有方式か | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
リースバック方式か所有方式か

リースバック方式か所有方式か詳しく

 

 

 


一般的に、リースバックは 所有している土地、建物等を、

 


一旦リース会社に売却して代金の支払いを受けると同時に、

 


リース会社からそのまま、リースを受けるというものです。

 

 

 

 

リースバックはユーザーからすると、

 


業務に必要な物件をリースするわけですから、

 


減価償却負担がない上に、毎月の支払額が全額、

 


損金として計上できますので、

 


税務面からみても優れています。

 

 


別の形として、リースバック方式は建設協力金方式として、

 


地主に建設協力金という形で融資し、

 


建物を建ててもらい、それを借りる方式でも利用されており、

 


こういう形で土地や建物を使うことで、

 


固定資産税や、減価償却費の負担がなく、

 


そのため利益率が非常によく、資金を効率的に利用できます。

 

 

 

毎月地主に賃料から建設協力金の返済額を引いた分を、

 

支払うだけですので、支払利息の負担もなくリスクが少ないのです。

 

 

この点、土地建物を所有し、多額の設備投資をして行う不動産投資は、

 

減価償却費や支払利息のコストがかかって、儲けが出にくく、

 

実は、ハイリスク、ハイリターンなビジネスなのです。

 


これは都心に近づけば近づくほど、地価が高く、


固定資産の割合が高くなるため、こういうところが、


土地建物を所有して行う、所有形式の賃貸業は、


儲からないと言われる所以なのです。

 

 

また不動産賃貸業の場合、固定資産の


中身で建物と土地の比率は、


半々ぐらいに落ちつく傾向になっています。

 

 

これは、良い立地で地価が高いところには、

 

それに比例して高い建物を建てるからです。

 

 


そうやって投資した資金を回収しようとします。

 


逆に土地が安く、建物の比率の高い郊外の物件は、


利益が出やすいですが、空室率が高い傾向にあります。

 

 

 

両者のバランスを取ることが大事だということになります。

 

 

 

 

 

 

関連記事

アパートを建てるか、コンビニを建てるか  


なぜ建設協力金で店舗を建てたがるのか

リースバック方式か所有方式か

 

セール&リースバックという投資

 

自宅のリースバック


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/2264
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク