サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


貸借対照表が良ければ融資はつく | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
貸借対照表が良ければ融資はつく

貸借対照表が良ければ融資はつくあれこれ。

 

 

 

損益計算書は単年度の経営成績ですが、


貸借対照表はその損益計算書の積み重ねた結果になるのです。

 


従って、1年ぐらい数字が良くても、悪くても、


すぐには、貸借対照表に反映されません。

 

 


銀行は、住宅ローンなら個人の属性を重視しますし、


アパートローンは、不動産の評価に対して融資を行うため、


物件そのものの審査を重視しています。

 


住宅ローンが組めても、

 

事業用ローンが組めない人はいますが、

 

逆に事業用ローンが組めても、

 

住宅ローンが組めない人も多いのです。

 


 

つまりサラリーマンではなく、自営業者などは、


収入が不安定なため、住宅ローンどころか、


教育ローンやカードローンも組めないことが多いにあります。

 


 

その場合は、住宅ローンは組めなくても、


貸借対照表が良ければ、


事業用ローンは組めると私は思います。

 

 

つまり銀行は、アパート単体に、


お金を貸してくれるのではなく、


事業そのものに貸してくれるのです。

 


 

いわゆる物件力よりも、財務力なのです。


あるいは経営力なのです。

 

 

もちろん、借りる人の信用もチェックします。

 

 

転職を繰り返している人や無職の人には融資しません。

 

 

借手の勤務先情報や家族構成、収入も調査します。

 

 

しかし、それは住宅ローンの世界の話であって、


事業の概念では決してありません。

 

 

収入の不安定な自営業者であっても、


貸借対照表の数字がよく、内容が健全な人は


低い金利でプロパーローンを、

 

借りられることがあります。

 

 

銀行にとって属性以上に大事なのは、


万一貸し手が返済不能になっても、


確実に融資資金を回収できることです。

 

 

 

したがって、貸借対照表の数字を見るわけです。

 


貸借対照表の流動資産も固定資産も少なくては、


印象が悪いです。

 


ちなみに流動資産は1年以内に現金化できる資産です。

 


固定資産は1年以内に現金化できない資産のことで、


銀行が担保にとるのはこの部分です。

 


しかし、担保である固定資産がいくら多くても、

 

流動資産が少なくては銀行は難色を示します。

 

 

また資産が多い場合でも、その資産と、

 

負債も同じくらい多いというのであれば、


融資は難しいでしょう。

 


逆に負債が少なくて資産が圧倒的に多い場合、


賃貸事業そのものが成功していると判断して、


借り手が低属性でも、


借りてくださいと言ってくる可能性があります。

 

 

総資産から総負債を引いた額が自己資本といって、


これは他人から借りたのではなく、返す必要のないお金です。

 

 

 

負債ばかりで自己資本があまりない状態は、

 

人間の体に例えると


やせ細った骨と皮だけのようなもので泣いています。

 

 

利益を多く上げ、積み上げて、

 

内部留保を増やしていくことで、


自己資本比率を高めることで、筋肉質で、


寒くても風邪をひかない健康体になります。

 

 

 

 

融資を受ける場合は、まずはじめに、


確実な返済計画を立てなければなりません。

 


手取り額、出口戦略を立てたうえで、


低金利で長期の融資を受けるためには、


良好な財務の積み重ねができていれば、


大きな失敗をすることは考えにくいと見られます。


 

銀行から見れば、住宅ローンとして貸すのではなく、


賃貸事業に貸してくれるので、


資産があっても、負債が多く、


貸借対照表のバランスが悪いと、


融資がつく可能性も低くなります。

 

 

 


事業として、ぜい肉が少なく筋肉質で、

 

引き締まった肉体であれば融資が受けられます。

 

 


極力、貸借対照表を良くするという粘り強さが、


しいては銀行を動かす原動力になります。

 

 


 


金融機関にとって、大切なお金を安心して、

 

貸すことができるとみられるためには、

 

私たちの賃貸事業が、健全な財務体質を備え、


将来性のある事業であることを、

 

アピールすることで、


その結果として、銀行にもメリットを、


もたらすことができると考えられるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

貸借対照表の書き方 不動産用

開始貸借対照表のわかり易い書き方

 

貸借対照表で不動産投資の成功と失敗を判断できる  

 

貸借対照表(バランスシート)の時価と簿価

 

不動産投資を始めると、まずは貸借対照表を複式簿記で付けてみる

貸借対照表が良ければ融資はつく

貸借対照表の書き方 一般用    


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク