サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


不動産投資の結果は、いつでも逆転できる | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
不動産投資の結果は、いつでも逆転できる

不動産投資の結果は、いつでも逆転できるあれこれ

 

 


不動産を購入する場合でも、審査を受ける場合でも、


自己資金が多く、上場企業に勤めていたりすると、


属性がいいのだから、審査にも通りやすく、


いくらでも購入できる物件は出てくると思うところがあります。

 

 

 

しかし、お金があったり、サラリーマンの属性がよい、


恵まれた状況にあると、いい物件を買っていないみたいです。

 


手っ取り早く増やそうとして、初めから手のかからない、


資産価値が高そうにみえる、収支トントンの物件や、


新築ワンルームマンションを何戸も買ってしまったりして、


再起不能に陥ることがあるのです。

 


立派な1億円のRC物件を購入して、


1年間で100万円のリターンしかないという人もいます。

 

 

 

下手をすれば持ち出しになってしまうことがある。

 

 

 

やっかいなのが、


これが普通だと思ってしまうのです。

 


 

しかし、属性もパッとしないし、実績もなく、


自己資金も200万円くらいしかないと、


余程、素晴らしい物件を持ち込まないと、


銀行にも相手にしてもらえません。

 

 

 

 

したがって、ダメな物件を、


買うおそれがないといえるのです。

 

 

 

これが、一見不幸なようで実は幸せなことです。

 


そうすると、物件を購入しようと、


融資を打診するときに気づくのですが、


個人名義で購入する場合、融資額が億を超える際に、


大きな壁があります。

 


そこまでしても、条件が悪いと、融資期間が短くなったり、


金利1%のアップになったりします。

 


自己資金を1割くらい入れて下さいと言われる。

 


1棟目の融資を受けた銀行なら、


次を購入しようとすると、


1棟目を購入して最低でも1年、


できれば、来年の確定申告を待ってからと言われます。

 


待ってる間にいろいろと勉強したり、


力を蓄えたりできます。

 

 

恵まれた環境にあると、


こういう心配はいらないわけですので、


それがよいことだと限りません。

 

 

 

これは、投資家のハンディが、


一種のハードルの役目を果たしてくれるので、


勉強もしますし、懸命に創意工夫して、


実績を積まなければ評価されず、


次が買えませんので、


残念な物件を買うリスクが、

 

なくなってくると思えるのです。

 

 


資産を築いた人は、地道に、


先ず200万円の再建築不可のような戸建を買い、


それをリフォームして、1万円、2万円と、


余剰資金を得る事を体験して、


自己資金を積み重ねて、実績を作っていった人だったりします。

 

 

徐々にステップアップをしていけたことが、


一見不幸なようで実は幸せなことなのです。

 

 

 

苦しいと思えたことが、後になって、


いい結果を招いてくれたと思うこと、


そういったことが私達には何度かありますよね。

 

 


ちょうど冬の寒さが厳しければ厳しいほど、


桜が美しい花を咲かせるのと同じように、


不動産投資でも、悩みや苦しみを体験しなければ、


不動産投資の成長もできないどころか、


本当の成功をつかむことができないのでしょう。

 


 

なので、属性が悪くて、お金がなくても、


悲観することはないと言えます。

 

 

私が青年時代を過ごしたころの日本は、


今よりもはるかに厳しい社会環境にあって、


好むと好まないとにかかわらず、


懸命に働かなくては、


とても食べていくことさえできませんでした。

 


苦労して働くということは、生活の糧を得る以外に、


自らの心を高めて人格を作り上げてくれる作用があるのです。

 

 

そのようなことは、今の時代と比較して、


一見不幸なように見えて、

 

実は幸せなことだったかもしれません。

 


というのも、いやいやながらでも、


働き続けることであっても、


お金や労働の大切さを学び、


弱い心を鍛え、人間性を高め、


人生を好転させるきっかけを、


与えられたからです。

 

 

 

そういう意味では不動産投資の結果は、


いつでも逆転できると思います。

 

 


幸せが不幸に、不幸が幸せにいつ転じるかわからないのだから、


起きたことに一喜一憂しないでと言えるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事
一見不幸せなように思えて、実は幸福なこと

不動産投資の結果は、いつでも逆転できる

なぜ経済的自由になるのは難しい(厳しい)のか、(収益物件(資源)の希少性)


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/2282
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク