サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


不動産賃貸事業、年金担保融資と融資額  | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
不動産賃貸事業、年金担保融資と融資額 

不動産賃貸事業、年金担保融資と返済額について  

 

 

 

年金担保融資を受けられる人は、

 

年金を受けている人が対象になります。

 


年金担保融資は1年間に受け取る年金額の範囲内で、


年金受取の金融機関で手続きできる融資です。

 

 

年金融資には限度額があって、融資限度額は、


年間の年金受取額の80%以内になってきます。

 

 

借入金額から保証料を引いた金額が口座に振り込まれます。

 

 

貸付利率は1〜2%、

 

返済期間 3年

 

 

個人の連帯保証人が立てられない方でも年金保証協会が、


保証人を引き受ける年金担保融資信用保証制度を、


利用することができます。

 


返済は2か月に1回、受け取る年金から、

 

相殺されていく仕組みです。

 

 

返済額を引いた金額を年金として受け取ります。

 


返済は年金でされるため、


完済までは通常支給される年金の一部が、


返済にまわるため、その分減額された金額を、


受け取るわけで、受取額が少なくなります。

 

 


生活保護利用でない限り、

 

融資を断られることはないと思います。

 


障害者年金も大丈夫です。

 

 

ちなみに、年金融資は、


ゆうちょ銀行とJAでは取扱していません。

 

 

なので、該当者は融資を受ける場合は、


年金の受け取り金融機関を変更しなければなりません。

 

 


なお不動産賃貸事業での年金担保融資には、


資金使途の確認資料として設備や、


リフォームなどの見積書が必要になっています。

 

 

 

 

 

年金融資の融資額と返済額詳細

 

 

具体的には、仮に年金支給額が年間70万円だとすれば、


融資限度額は年金支給額の80%か、又は、

 

2か月に1回支給される年金受取額の3分の1を

 

15倍した数字のどちらか少ない金額になります。

 

 

(計算例)

 

70万円×0.8=560,000です。

 

 

70万円は2か月に一度の支給になりますので、


1回当たりのの支給額は、70÷6=116,000円です。

 


113,000の3分の1=38,000(端数切捨て)


返済額は1万円単位になります。


従って、30,000円です。

 

3万円の15倍は450,000です。

 

 

これが4万円なら、15倍すると60万円になり、

 

560,000より大きくなりますので、

 

採用されません。

 

 

 

 

実際の融資金額は、


560,000円450,000円かの、


どちらか少ない方ですので、従って、


450,000円になります。

 


つまり、70万円×0.8=560,000か、

 

3万円×15=450、000、


のどちらか少ない方になります。

 


従って融資限度額は、450,000円になります。

 


返済額は上記から3万円です。

 

 

つまり、


113,000万円がら3万円差し引かれた金額、

 

113,000−30,000=83,000が

 

年金の支給額になります。

 

 

 

 

 

 

関連記事

リバースモーゲージローン(高齢者自宅担保融資制度)

不動産賃貸事業、年金担保融資
 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/2285
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク