サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


妻が借主で夫が保証人になる融資が銀行にとって一番安全な融資になる | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
妻が借主で夫が保証人になる融資が銀行にとって一番安全な融資になる

個人の資産管理会社が銀行からプロパーローンを受けるには(家族での資産管理会社)

妻が借主で夫が保証人になる融資が銀行にとって一番安全な融資になる
主婦の不動産投資の始め方

主婦の副業、主婦大家さん
女性の不動産投資について
不動産投資ローン対策
不動産投資ローン、家賃収入の60%からの返済がフルローンの基本


妻が借主で夫が保証人になる融資が銀行にとって一番安全な融資になるあれこれ

 

 

 

 

 


不動産賃貸業の仕組みは家を買って貸すだけですので、


銀行から見て、シンプルでわかりやすく、


お金を貸したいというなかでも、

 

不動産賃貸業への融資が最も安全で、


安定した事業に位置付けられています。

 

 


夫婦で賃貸業を行っているサラリーマン大家さんの場合、

 

妻が賃貸物件を購入するときに、


サラリーマンという安定した収入源を持つ、


夫が保証人になること、実はこれが銀行にとって、


一番安心して融資をすることができる唯一の事業だとなります。

 

 

 

逆に、不動産賃貸業以外に新規の個人事業に対して、


一般的な民間銀行は基本的に融資を行いません。

 


それほど、不動産賃貸業とそれ以外の事業では、


銀行にとって融資を行う上で、


月とすっぽん程の差があるということになるのです。

 

 

つまり、夫がサラリーマンで、


妻が大家さんという組み合わせの融資が、


向かうところ敵なしの最強の組み合わせということです。

 

 

これは銀行から見て、不動産を担保にとって、


サラリーマンという保証人と両方取れるためです。

 

 

 

この世で一番安定している職業はサラリーマンとみています。

 

 

これが、石橋をたたいても渡らない銀行が、


素人に対してアパートローンを貸したがる理由なのです。

 

 

 


日頃、中小企業に対して、

 

貸し倒れリスクにおびえる銀行から見て、


まず不動産は、担保となる物件の財産価値が、

 

一番信頼できる物的担保ですし、


サラリーマンという夫の職業は、

 

一番信頼できる人的担保になるから、


不動産賃貸業は安心して融資できるわけですね。

 


繰り返しになりますが、


大家という職業は銀行にとっては、


社会的貢献意欲の強いビジネスですので、


そんな事業をしている大家さんは、


人としても信頼に値しますし、


その上で、担保がしっかりあって、


保証人が信頼できるからですね。

 

 

 

銀行が事業に融資を行う場合、

 

保証人がどうかが一番の関心事だからです。

 


そういう意味で、サラリーマン夫婦が取り組む不動産賃貸業は、

 

最高の人的担保と物的担保とを両方兼ね備えていることになるので、

 

ビジネスのなかの王道中の王道なのです。

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク