サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


物件の価値を上げて、家賃を下げたら 確実に入居者は決まるのですか | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
物件の価値を上げて、家賃を下げたら 確実に入居者は決まるのですか

空室対策の決め手

空室がなぜ埋まらないんだろう?
物件の価値を上げて、家賃を下げたら 確実に入居者は決まるのですか


物件の価値を上げて、家賃を下げたら 確実に入居者は決まるのですか

 

 

 

物件の価値を上げて、家賃を下げたら、


確実に入居者は決まるのですか、


と聞かれるときがあります。

 


これは正解とも不正解とも言えません。

 

 

空室が埋まっているときに、


満室だからよいままに経営するのではなく、


空室になったときのことを考えて、


満室で余裕のあるときに危機感を持って、


空室対策を練ることが大事であると私は思います。

 

 

 

つまり水を溜めておくダムのように、


空室になってあわてるのではなく、


部屋が埋まっているときに、


空室の時に備えるような賃貸経営をすることが、


大事だと思います。

 

 


さて、物件の価値を上げて、家賃を下げたら、


入居者は確実に決まるでしょうか。

 


これは一概にそうだと言えません。

 

 


例えば、6畳一間の古いボロアパートに、

 

キッチンだけを100万円かけて、


最新のシステムキッチンを設置しても、


内見者は恐れをなして借りようとしません。

 

 

 

入居者がなかなか決まらないので、


条件だけペット可にしてみても実際、

 

内装が畳になっていたりして、

 

ペットと共に住みやすい部屋のつくりになっていなければ、


入居者が確実に決まるとはなりません。

 

 


また、お金をかけて、外壁をピカピカにしても、


周辺の住民との関係で住み心地が悪いと思われると、


入居者が決まるとは言えないかもしれません。

 


人の視線が気にならないように隣家との間に、


ついたてを建てたり、間仕切りを付けたりすることで、


住みやすい環境になったりします。

 

 


確実に入居者を決めるためには、


何か決め手となるような、


もうひと押しのまめさが必要なのです。

 

 

 

 

これは、部屋が埋まっているときに、


将来空室になったときにどのようにリフォームをするかを、


考えておくことで決着がついてくると思います。

 

 

 

時にはホームセンターなどで資材を購入して、


自分でも、セルフリフォームをして、


使い勝手を良くするという、


独自のひねりを利かすことが必要なのです。

 

 

 

これは、物件の内装だけでなく外装の両方に、

 

ひねりを利かすことが大事になってきます。

 

 

 

これは、たいしてお金をかけなくても可能で、


大家さんの経験と勘にもよると思います。

 

 


地方のボロ一戸建て投資を推奨している大家さんもいますが


甘い期待は抱かない方がよいのです。

 


最近の特徴として、一戸建てでも空室が目立つのです。

 

 


また地方では部屋を探している人の絶対数が少ないので、


リフォームをしても、入居者が入らないことが起こっています。

 

 

 

世の大家さんは、余裕のある空室対策を、


しなければならないということは、


よくわかっていると思う。

 

 

 

しかしそれができないので困っているのだと思う。

 

 

 

つまり、どうすれば余裕のある空室対策ができるのかが、


分らず苦心しているわけです。

 

 

 

なので、ひとたび入居者が退去すると、


次の入居者がなかなか決まらなくなるのです。

 

 

 

最後に、家賃を下げたら、


確実に入居者は決まると思ってしまう節があるのでしょう。

 

 

 

やはり、余裕のある時に、

 

空室対策しなければいけないと、

 

そう思うことが大事ですね。

 

 


家賃を下げると、トラブルを起こしたり、部屋を壊したり、


悪い入居人に借りられる恐れが出てきます。

 

 

 

また、家賃を下げると儲からないので、


リフォームができないという、


悪循環に陥ってしまいます。

 


長期の空室後に、ようやく入居者が決まって、


やれやれと思って安心していると、


すぐに退去してしまったりします。

 

 

 

物件に問題があると入居者が決まっても、


入居者が定着しないという問題が出てきます。

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/2314
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク