サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


リフォームは完璧を期す | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
リフォームは完璧を期す
リフォーム費用を、修繕費にするか資本的支出(減価償却)にするか

耐用年数を超えた木造物件を土地値以下で購入してリフォームして賃貸に出すのは儲かるのでしょうか
リフォームは完璧を期す
内装工事などのリフォームの耐用年数と減価償却
好きな仕事は完璧主義から生まれる
最後の1パーセントの努力が結果を決める
入居者の質

完璧主義を貫く(パーフェクトを求める心が不動産投資の自信を生む)
築年数が経った古家を、リフォームするメリット
空室率ゼロを100%達成しなければ
修繕費と資本的支出の考え方と会計処理


リフォームは完璧を期すあれこれ

 

 

 

 

 

賃貸物件は、年月が経つほど手間がかかります。

 


賃貸に出す前に徹底的に修繕をしてから、


入居者を募集することが大事だと思います。

 

 

 

安く買ったからといって、


最低限のリフォームをして、


貸し出して、運よく入居者が埋まっても、


その後に必ず、悪いところが出てきますので、


クレームが発生することになりかねません。

 

 

中途半端なリフォームではなく、


完璧にリフォームをしておくに


越したことはありません。

 

 

 

特に水周りと、屋根などは念入りに完璧を期して、


やっておかなければなりません。

 

 

 

そういう意味では物件は、


中途半端に新しい物件よりも、


とっくに耐用年数を過ぎた、


ボロボロのほうがいいかもしれませんね。

 


なぜなら安く買えるからです。

 

 

中途半端に新しい物件は、


値段が下がり切っていなく、


使える設備と使えない設備が混ざってあり、

 

徐々に寿命が尽きてきます。

 

 


また、中途半端に入居者がいる物件よりも、


あえて全空室物件を狙った方がいいかもしれません。

 


なぜなら、誰も住んでいなければ、


他の入居者を気にして、


中途半端なリフォームをすることなく、


水回りをはじめ、防音対策等を含め、


完璧リフォームをする事ができるからです。

 


一戸建てならその心配はしなくてもいいですが、


つまり中古アパートの場合、


虫食い状態に詰めている状態での修理は、


部分的にしかできなく、経年とともに、


何度も手直しをすることになって、


あまりに手間がかかるので、


耐えかねて投げ売りすることになってしまいます。

 

 

 

自分が住むのなら多少不具合があっても、しのげますが


人に貸す場合は、きっちりリフォームしなければなりません。

 

 

 

なぜなら手を掛けて、完璧にリフォームしておかなければ、


後から苦情がきて、やり直すのに二重に手間がかかります。

 


だったら初めに全て空いている時に、


パーフェクトに しておく方がいいと考えます。

 

 

 

つまり、一旦建物を部分的にも、


スケルトン状態にするぐらいの心つもりにして、


絶対にクレームの来ない物件に、

 

作り替えることが得策ですよね。

 


中途半端に入居者がいれば、


リフォームも中途半端になりがちで、


全て空いていると、


パーフェクトにできるはずです。

 

 

 

リフォームに完璧を期すことは、


人があまりやりたがらないことかもしれません。

 

 

 

しかし、完璧にリフォームをすれば、

 

質の良い入居者に長く住んでもらえるのです。

 

 

 

一時的に赤字になることがあっても、


必ず後から収益が上がり設備投資した分は、


すぐにも取り戻せるようになると思います。

 

 

 

そのつもりがなければ、


古い木造アパートは安いからといって、


買わないほうがいいと思います。

 

 

 

建物に完璧を目指すことは厳しく、


難しいことです。

 


しかし、本当に満足できる仕事を目指すなら、


完璧を目指すことしか方法がないことも、


純然たる事実でしょうね。

 

 

不具合がでると、快適な生活を期待した入居者にも、


迷惑を与え、大家さんの信用も壊しかねません。

 

 

 


クレームを未然に防ぐには最初から最後まで、


神経を鋭く行き渡らせていくしかありません。

 

 

 

つまり、どんなささいなことにも、


気を込めて取り組む必要があります。

 


そうなれば、クレームがなくなるどころか、


なにか問題が起きたときでも、


すぐに問題の核心をつかみ、


解決できるようになるはずです。

 

 


賃貸物件にはどんな些細なことでも気を込め、


100%の力を注ぎ続けなければならないですよね。

 

 

その姿勢を貫いてこそ、


満室経営に近づくことができ、仕事の上達があり、


スキルの向上を図れるのだと思います。

 


かく言う私も、大家さんになったころ、


リフォームしたのにもかかわらず、


空室が埋まらずに苦労したことが何度もありましたよね。

 


当時の私は、リフォームや修繕を、


賃貸経営とは直接関係のない雑作業だと考えて、


手早く要領よく済ませて費用を節約していました。

 

 

 

そんな雑なことをやっているから、

 

いつまでも入居者が決まらず、


思った通りの賃貸経営ができないのだ、

 

と言うことに思い至った私は、


恥じ入るとともに大いに反省もしたものです。

 

 

満室経営をするために必要不可欠なこと、


結果を出している大家さんにあって自分にないものを、


眼前に突き付けられたような思いがしたものです。

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(1)   trackbacks(0)
Comment
2016/11/09 12:06 AM posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク