サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


転職歴の多い人の不動産投資(転職を繰り返している人の不動産投資) | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
転職歴の多い人の不動産投資(転職を繰り返している人の不動産投資)

所得がなくても融資を受けられるのか

不動産投資ローン、家賃収入からの返済がフルローンの基本です
不動産担保ローン属性の低い人の審査対策

低所得で保証人なしの弱小大家さんの融資戦略 
不動産投資ローン対策
物件に返済能力があるとローンは組める
属性の低い人や、個人事業主の場合の不動産投資の始め方

転職歴の多い人の不動産投資(転職を繰り返している人の不動産投資)


転職歴の多い人の不動産投資(転職を繰り返している人の不動産投資)あれこれ

 

 

 

 

会社を辞めた場合、銀行評価で属性が劣るから、


不動産投資には不利です。

 


 

実際は、転職の中身によってその答えは違ってきますね。

 

 


もちろんヘッドハンティングなど、引き抜き型の転職は、


属性評価上、マイナスになることはありません。


 
また、キャリアアップ型の場合は、


前職よりも年収が高くなるケースもあり、

 
こういう時は、逆に属性評価でプラスに作用します。

 

 


特に外資系企業の場合、転職が普通ですので、

 

最終的には、収入の推移を見ての判断になってくると思いますので、

 

転職の有無は、あまり気にする必要はありません。

 

 

 

 

一般に、職を転々とすると、収入も減っていくものです。

 

 

 

例えば、大企業から中小企業、中小企業から零細企業と、


徐々に属性も悪くなっていきますよね。

 

 


あるいは、大企業を退職して、契約社員や、

 

フリーターや、派遣社員になったりする人もいます。

 


逆に零細企業から大企業に転職したという話はほとんど聞きません。

 

 

 


基本的に、転職経験があると、3年間はローンは組みにくいです。

 

 

特に住宅ローンの審査ではこの傾向が強いようです。

 

 

もっとも転職して何年働けばいいという基準はありません。

 


ただ、年齢にもよりますが、一つの会社に5年以上働いていれば、

 
転職を繰り返していたとしても問題ありません。

 


特に、会社を嫌で辞めた場合、


条件はだんだん悪くなり、


転職を繰り返していると、


次の仕事が確実にある保証はありません。

 

 

無職になる可能性も否めません。

 

 


やはり転職歴が多くなると、年収がネックになって、


融資を受けることは難しくなりますよね。

 

 

 

収入が減ったりして、将来にわたり安定した給与収入を、


期待できないと見られるからです。

 

 

銀行は、そこにリスクを感じています。

 

 

 

 

その分、逆に、物件を選ぶ時間が多くなったりして、


大家さんとしての小回りが利くメリットがあるかもしれません。

 


不動産投資では、アパートローンという商品がある銀行では、


条件に当てはまれば、受け付けてもらいやすいですが、


あらかじめ条件が決まっていて、その条件に当てはまらないと、


融資してもらえません。

 

 

民間の金融機関では、アパートローンは、


元来、地主が自己所有地上に、


新築するためのローンであり、


その原則に従っている、金融機関が多いのですが、


金融機関によっては、中古物件にも融資をしています。

 

 

 

収益物件購入で金融機関と融資交渉するうえで、


年収は、いくら以上という、収入基準は、


融資担当者も、特に言われなかったのですが、


不動産投資では、フリーターや派遣社員の人、


また転職の多い人でも、区分マンションを、


所有しており、家賃収入があることを証明すれば、


たとえ給与収入が、少なくても、


話に乗ってもらえる可能性が高くなります。

 

 


また自営業の人、フリーターや、派遣社員の人は、


住民税や所得税非課税世帯になってくる人もいると思います。

 

 

少ない給与収入でも、


家賃収入のいくらかを、1年分の所得として、


みなしてくれるところもありますので、


そんなところであれば、


収入基準を、クリアできるる可能性が出てきます。


 


この場合、最も大事なことは、購入予定の不動産は、

 

積算評価のある物件を提示することです。


 

又、事業所得の申告を、2〜3年としていれば、

 

個人事業主として、融資を申し込めます。

 

 

日本政策金融公庫の場合は、属性は関係しません。

 


融資も、低金利で固定なのですが、しかし、


融資期間が、通常10〜15年と短いのが難点になってきます。


 

したがって、日本政策金融公庫で、


物件の購入資金の融資を受けようとすれば、


キャッシュフローが、どうしても回りにくいことがあげられます。

 

 


したがって、民間の金融機関も、探す必要が出てきます。

 


もっとも、リフォームなどの少額の融資を受けるケースでは、


日本政策金融公庫は、使いやすいでしょう。

 

 

転職を繰り返している人でも、


自宅が持家なら融資には有利に働きます。

 


さらに居住年数も影響します。

 

 

同じところに長く住んでいる方が有利に働きます。

 

 

 

万一返済が、滞ることがあっても、


銀行担当者が自宅に行けば、


借入人や、借入人の家族の居場所を抑えることができますし、


融資を受ける人の自宅が例えば賃貸アパートだと、


何かあった際にどこに逃げてしまうかわからないという不安を、


銀行担当者は持ちます。


 

転勤で遠方に転居されてしまえば、


地銀や信用金庫は追えませんし、


返済に問題がなくても、


地銀のエリア内の、顧客ではなくなります。

 


このような理由から、地銀は自宅がない人を敬遠しがちです。

 


したがって、地方銀行、信金、信組はエリア外の融資は行いません。

 

 

一般的な地銀や信金のアパートローンは、その地域に、


自宅があることが前提で、


さらに、資産を持っていれば有利です。


 


信用金庫や信組は一層、地域密着ですから、


その傾向が強いようです。


 

銀行融資を受ける場合、融資の担当者は、


住宅地図を見たり登記簿を調べたりして、


融資を申し込んだ人の自宅を確認します。

 

 

 

 

加えて自己資金で収益不動産を、


既に購入していることも、


審査の上で有利に働きます。

 

 

抵当権の付いていない不動産を所有していれば、


資産として見てくれます。

 


 

この点、自宅があって、その自宅に抵当権が付いていないと、


共同担保に差し出せたりできますので有利に働きます。


 


転職を繰り返して低所得の人でも、


自宅や不動産を所有していたり、


また、自己資金がある程度あったり、


保証人がしっかりしている人であれば銀行借入して、


不動産投資を拡大していくことができるはずです。

 

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク