サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


大家が直接入居者にかかわってしまうと入居者から軽ろんじられる可能性がある | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
大家が直接入居者にかかわってしまうと入居者から軽ろんじられる可能性がある

大家さんの日常について
大家さんの仕事とは

サラリーマン大家さんは失敗する人はどれくらい
確定申告、滞納家賃の記入の仕方
不動産投資のものさしをもつ
大家が直接入居者にかかわってしまうと入居者から軽ろんじられる


大家が直接入居者にかかわってしまうと入居者から軽ろんじられる可能性があるあれこれ

 

サラリーマンの投資家は、自宅以外に、

 

 

もともと不動産は、所有していない人が大部分です。

 


それにしても、なぜ資産を、増やしていけるのでしょうか。

 


それは、割安と判断される中古物件を、購入することによって、

 

可能になるわけです。

 


でも買主から見れば割安な中古物件とは、売主からすれば、

 

損を承知で、処分しなければならなくなった物件だったりします。

 


売主はなぜ損を承知で、物件を売却するのでしょうか。

 


中古のアパートの土地代込の購入価格は、


同程度のアパートの建物部分だけの、


新築価格と同じぐらいの価格で、


売りに出されることがあります。

 


建物価格を含まない、土地代だけの路線価程度で、

 

売り出されるアパートがあったりします。

 

 

 


なぜかといえば、売主は相続が発生した場合があります。

 

 

こういう時は、アパートを建てないで、土地代のみで売却した方が、


いいと思われますが、相続税評価減等を考慮したり、


あるいは負担付贈与(借入金等の債務と一緒に建物を贈与するケース)の、


相続税対策として、アパートを建てたりします。

 


そして、売却という過程を踏みます。

 


実は、相続といったケースは少なく、


破綻に近い形で売却されることが多いのです。

 

 

 

さて、賃貸経営ですが、一番大事なものはなんでしょう。

 


大家さんは仲介会社に対する話し方と同じやり方で、


入居者との対応をしてはいけません。

 

 

大家のちょっとした物言いが 入居者を傷つけたり

 

反対に入居者の要望が、エスカレートする恐れがあるからです。

 

 

家賃の入金が遅れたからと言って、


その都度取り立てに回れば、


やがては入居者に軽んじられます。

 


ところで、不動産投資のブームということもあって、


このところ、サラリーマン大家さんとして大きく成功して、


リタイアされる方も多くなっています。

 


ところで、不動産賃貸業を行う場合は、


サラリーマン時代と違った考え方が必要になります。

 

 


サラリーマンや、個人はどんな考え方をしようと、


その結果を自分自身で負う限りそれは自由です。

 

 

しかし、大家さんをはじめ集団の上に立つものは、

 

そうではないと思う。

 


大家さんの考え方が及ぼす結果は、


自分一人だけでなく、家族や、入居者にも、


また社会にも類を及ぼします。

 


ですから賃貸業を経営する大家さんは、


どんな考え方をしても自由だということは決してありえないはずです。

 

 

集団を幸せにし、また社会を豊かなものにするために、


正しい考え方をもつことが、


私たち大家の責務であるはずです。

 

 

例えば、一国を導いていく宰相は、


すばらしい考え方をもち、高潔な人格を備えている人でなければ、


亡国の事態にもなりかねません。

 

 

会社経営においても、社長だけでなく、部長やたとえ課長であっても、


組織の長の考え方が自由でいいという訳では決してありえません。

 

 

集団の長である人は一歩上の、


素晴らしい考え方を持たなければならないのだと言えます。

 

 

このことを大家さんだけでなく、会社のリーダーは、


また大家さんになったばかりの人は深く理解する必要があります。

 

 

どんな環境が変わろうと、


鍛え抜かれた不動の人格を確立していかなければ、


真のリーダーになりえないのだと思います。

 


私は、謙虚でなければ、幸せやラッキーは、


得られないと思います。

 


謙虚さを失うとは、人生を生きる上で、


また経営においても最大の損失でしょうね。

 

 

たとえ成功を収めても、


足るを知り、謙虚さを失わず、


幸せであることを感謝しなければならないのかもしれません。

 

 

同時に、きれいごとでなく、他の人も幸せになるように、


何かをしてあげようという奉仕の心を持つことが大切だと思います。

 

 

成功を収め、絶好調のときに、


そんなふうな考え方をできるならば、


決して破綻の引き金をひくことにはならないはずです。

 

 

私はサラリーマン大家さんで豊かになろうというこのブログを長年書いていますが、

 


そしてこのブログで勉強してきた大家さんの中から、


多くの方が大家さんになってリタイアを果たしましたが、


そんな中にも、リタイアを果たした途端に、


このブログを読まなくなる方がおられます。

 


そのうちやがてそのような方が道を踏み外し、


賃貸業の業績を大きく悪化させたということがわかってきます。

 

 

これは、初めは一生懸命勉強し実践して、


素晴らしい成功を収めたのにもかかわらず、


成功して自分を取り巻く環境が変わるにしたがい、


考え方の変化を遂げ、賃貸経営そのものが、

 

変わってしまったのでしょう。

 

 


人一倍勉強して考え方の大切さを学んだような人でも、


不動産投資に行き詰ってしまわれた人もいます。

 

 

このブログを読んでいる多くの大家さん方々を前に、


まるでわかったかのような物言いをして、


大変失礼かと思いますが、


我々は考え方や知識を一度勉強すれば十分と考え、


繰り返繰り返し学び続けることはありません。

 

 

 

改めて、この考え方の大切さをよく理解し、

 

日々絶えざる反省を繰り返すことを通じて、

 

自分のものとしていかれますように強く思います。

 

 

 

そうすれば、必ず私たちだけでなく、


皆さんの人生や仕事は、破綻することもなく、


今まで以上に豊かで実り多いものになると私は信じています。

 

 

 

賃貸業の歴史とは大家さんの歴史だということができます。

 

 

実際に一人の大家さんによって、賃貸業が発展し、


また、同じ一人の大家さんのために無残にも崩壊していく様を、


私は数多く目にしています。

 


不動産投資家の資質とは、


浮ついたところがなく、考え深く、


信頼するに足りる重厚な性質を持っている人で、


いわゆる人格者だと思います。

 

 

ぜひ今日のように、不動産賃貸業のスキルのみならず、


人格の面においても優れた大家さんに努めていかれますことをお祈りして、


結びとさせていただきます。

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(1)   trackbacks(0)
Comment
2016/12/07 12:05 AM posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/2349
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク