サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


抵当権と根抵当権を使い分ける | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
抵当権と根抵当権を使い分ける

根抵当権で融資を受ける
抵当権と根抵当権を使い分ける

根抵当権のデメリット 
運転資金は根抵当で対応する


抵当権と根抵当権を使い分けるについて

 

 

 

銀行からお金を借りるときは、


不動産に抵当権を設定するのが一般的です。

 

 

特に、サラリーマンが住宅ローンを組む場合は、


ほとんどが抵当権です。

 

 

抵当権は、特定の借入を担保する目的で設定し、


一つの融資に、一つの抵当権という組み合わせになります。

 


これは、借入と抵当権が一心同体になっていて、


借入が完済すれば、たとえ不動産の登記簿上に


抵当権設定登記が、残っていても効力はなくなります。

 

 


一方、自営業者が銀行から融資を受ける場合は根抵当権が多いです。

 

 

根抵当権は、一度設定してしまえば、


返済が進むに連れて空き担保が生まれ、


その後融資が必要になればその空き担保の範囲で、


繰り返し利用することができ、

 

会社の運転資金などの借り入れに適しており、

 

極度額という初めに設定した金額の範囲内であれば、

 

借入が何本あってもそれぞれの融資の担保になります。

 

 

 


根抵当権では、極度額という、


融資を受けた人が返済不能で競売になった場合、


銀行が優先的に、お金を受け取ることができる金額の、


上限額を設定します。


 

 


個人の投資家さんは、同じ銀行から、

 

繰り返し借入をすることはそう多くないはずです。

 


 

そのため、抵当権を基本に考えつつも、


リフォーム資金など、同じ銀行で繰り返しお金を借りたいのであれば、


根抵当権を選択肢に入れてもいいでしょう。

 


 

根抵当権は一度設定してしまえば、

 


繰り返し利用することができるメリットがありますが、

 

 

デメリットもあります。

 

 

それは、一度不動産購入用の融資に根抵当権を設定すると、

 

その後、簡単に根抵当権を外れません。

 

 

根抵当権は融資を完済するまで、


根抵当権の枠が残ったままです。

 

 


なので、その後、融資を受けるときも、


ある銀行で根抵当権が設定されているために、


他の銀行から借り入れる場合は不利になります。

 

 

 

不動産購入用の融資の場合、抵当権か根抵当権かですが、

 

どちらにもメリットとデメリットがありますので、

 

大家さんの投資スタンスによると思います。


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク