サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


苦悩し、考え続けた末に見つけた不動産投資の考え方と手法 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
苦悩し、考え続けた末に見つけた不動産投資の考え方と手法

賃貸経営には会計や税務の知識が欠かせない
きれいな心でサラリーマン大家さんを目指せば不動産投資も人生も穏やかで安らかなものになる
賃貸業は不動産の知識や経験以上に、大家さんの人格がものを言う
不動産投資を始めるには
大家になるには
最初の1戸をどう手に入れたらよいのか
私は不動産投資をどのようにして始めたか
苦悩し、考え続けた末に見つけた不動産投資の考え方と手法


苦悩し、考え続けた末に見つけた不動産投資の考え方と手法あれこれ

 

 

 

 

 


新しくこのブログを読み始めた方がたくさんいらっしゃいますので、


今日は、私が不動産投資において最も基本になると考えている、


不動産投資の本質を考えることの必要性について、


なぜ不動産投資に本質を考える必要性があるのかと題して、


書いてみたいと思います。

 

 

私が不動産投資を始めたのは、

 

ちょうどバブル時代になります。

 

 

当時、企業の経理、財務部門でも、


一時的な運用利益を追ったあげくに、


最終的には会社の土台から揺るがすほどの、


甚大な被害をもたらすという例が数多く見られました。

 

 


当時は土地を買うといえば、


いくらでも銀行は融資をしてくれました。

 


しかし、私は、不動産投資というものについては、


知識も経験もまったく持ち合わせていませんでした。

 

 

当時は不動産投資のセミナーや書籍など皆無で、


金持ち父さん貧乏父さんという本がまだ発売されていなく、


つまり、不動産投資の準備の方法など私は知りませんでした。

 


また、わずかな貯金とはいえ、


購入資金の用意、そして賃貸経営に対するさまざまな資金繰りなど、


経験もなければ見当もつきませんでした。

 

 

どうすればよいのか、たいへん迷っていたのが、


当時の私の正直な気持ちでした。

 

 

唯一の収益不動産であるマンションを買って、


ローンと税金の支払いを一生懸命に行うだけで、


大家さんとしていったいどのように賃貸業を運営していけばよいのか、


全く分からない、不安にかられながらの船出であったことを、

 

今でも覚えています。

 

 


日々の経営をしていくにはどうすればよいのだろうか、


その考え方と方法についてたいへん苦悩し、


日々考えていた私はやがて本質と呼ぶことになる、


私の賃貸経営の原形のようなものを編み出していきました。

 

 

この常に考えるという習慣は、


不動産投資の始める前からのものでした。

 

 

当時は毎年20%を超える土地の高騰が起こり、


年々不動産の価格がつり上がっていくような時代でした。

 

 

そういう状態の中で私は少し前に購入した自宅マンションのローンも、


払っていかなければならないという境遇にありました。

 

 

そのため、不動産価格もうなぎ上り、不動産関連書籍も皆無、


そんな劣悪な環境にあってもすばらしい投資成果を上げるには、


どういう心境で賃貸業に当たらなければならないのかということを、


当時の私は毎日のように考え、苦悩していきました。

 

 

そのころからですが、


賃貸業をするにはこういう考え方、


こういう心構えでなければならないと思いつくたびに、


メモ用紙の端に書き留めていくようになりました。

 

 

どういう心境で、どんな考え方で取り組めば、


よい不動産投資ができるようになるのか、


苦悩し、考え、思いついたことを、


メモ用紙の端に書き留めていったのです。

 

 

のちに賃貸業を本格的に始めることになった私は、


その自分なりの不動産賃貸業の要点を書き留めていたメモを、


再び引っ張り出してきて、不動産賃貸業に携わるようになってから、


気付いたことを書き加えていくようになりました。

 

 

これが私の賃貸業の原点であり、


これをまとめたものがサラリーマン大家で豊かになのです。

 

 

不動産賃貸業に携わるにあたって、


賃貸業というものがわかっていなかったために、


不安で不安でたまらなかった私は、


どうすれば賃貸業がうまくいくのだろうかと思い、


独立しベンチャーを起こし、

 

あるいはIT起業で立派な経営をしている方の話を聞き、


どうすればあのような経営ができるのだろうかと苦悩し、


考え続けました。

 

 

 

その末に見つけた経営の考え方、

 

経営手法がこのブログなのです。

 

 

このブログの根本にある考え方は、


人として間違っていないのか、何が正しいのか、

 

正しいことを追求するということであり、

 

そして、その考え方を貫くことだと思ったのです。

 

 

つまり、最も基礎的な本質を追求していったものが、


このブログの原形になっているのです。

 

 

結論としてわかったことは、

 

何事も周囲の信頼と尊敬を勝ち取らなければ、

 

成功はとてもおぼつかないだろうという考えに至ったのです。

 

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(1)   trackbacks(0)
Comment
2017/01/27 10:48 PM posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/2375
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク