サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


本業に中に喜びを見出してこそ本当の豊かさは達成できる | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
本業に中に喜びを見出してこそ本当の豊かさは達成できる

リタイアするまでの投資手法
リタイア後の人生

本業と大家さんの両立

なぜ豊かになれないのか
好きな仕事は完璧主義から生まれる
リタイアの意義について(早期リタイアはハッピーか)
本業に中に喜びを見出してこそ本当の豊かさは達成できる


本業に中に喜びを見出してこそ本当の豊かさは達成できるあれこれ

 

 

 

 

健康的で快適な生活を維持して、


充実したゆとりある暮らしを実現して、


人生を楽しみたいというのは、


世代や環境にかかわらず、だれもが望んで


いることだと思います。

 

 

少子化の現在、空き家は年々増え続けています。

 


空室率も記録を更新して増えています。

 

 

そういえば近くに、リフォームされずに放置された古い家が、


増えたように思います。

 

 


また、古くなったアパートには住む人がいなくなって、


リフォームせずに、持ち主もそのまま放置して、


何年も建て替える気配がない物件もあったりします。

 

 


かつては、こういった家やアパートは、家庭や地域社会のなかで、


自然に受け継がれていたように思います。

 

 

さて、サラリーマン大家さんになって、

 
ある程度不動産で資産をつくり、


自由になる収入を確保した後は


精神的にも時間的にも余裕が生まれます。

 

 

必ずやらなければならないのは、月に1、2度銀行に行って、


通帳に家賃収入を記帳したり、妻に生活費を渡すために、

 
預金を引き出しに行くことぐらいで、それ以外は、


自分の自由な時間ですとおっしゃる大家さんもいます。

 

 

私もそうですが、サラリーマンをリタイアしたころは、
 

この時間をどう使おうかと、考えるととてもわくわくするものです。

 

 


最近は定年後にアパート経営をしたりする人も増えています。

 

 

 


実は、リタイア後、競売物件を取得して、

 

自分で、時間をかけてリフォームしたり、


アパートや一戸建てのリフォームを仕事にして、


本格的に張り切っている大家さんおられます。

 

 
このところ、若くして、サラリーマンをリタイアして、


専業大家さんになった人も増えています。

 

 

 

 

ところで、サラリーマンを辞めたと言えば、


多くの人は疑問を感じるようです。

 

 

どうやって家族を養っているのと言われることがあります。

 


田舎の親戚の人もサラリーマンを辞めたと、

 

どこから聞いたのか心配して電話をくださる人もいるとか。

 


働く時は働いても、休む時は休んだ方が良いと言われるらしい。

 


知人が、体を壊してサラリーマンを辞めたと、

 

勘違いされたようです。

 

 


本人は、リタイアして悠々自適ですとはなかなか言えない、

 

うれしい悩みがあったりします。

 

 


不動産投資で不労所得がありますので会社を辞めましたと、

 

今は、左うちわの生活ですとは、

 

いかに非常識な人でも言えないのでしょう。

 


本人はリタイアして、自分本位に生きたいと思うだけですよね。

 

はっきりいってサラリーマンが、魅力ある姿とは思えなかったみたいです。


 

 


 

 

ところで、不動産賃貸業に打ち込む中で、


豊かさは達成できると私は思います。

 


世の中に晩年になって、人格者、達人と言われる人がいます。

 

 

そんな人は、生涯を通じ、


まじめに懸命に本業に打ち込んできたからこそ、


その領域に達したと私は思うのです。

 


したがって、私たちは、


少しぐらい努力しましたという程度では、


そこまでなれるはずはないと思います。

 


つまり名人、達人と言われる人は仕事ができるだけでなく、


その人が人格者だからなのです。

 

 

経済的自由になったと言うだけでは、


お金や資産がたくさんあると言うことはできても、


決して人格者とまでは言えないかもしれません。

 


名人とは、知識が豊富で、高度なスキルを持ち合わせていますが、


その人が持つ心の状態が仕事にも反映し、


人に信頼を与えるようになるのだと思います。

 


それはまさに、真面目に本業に打ち込んでいなければ、


つくれないものだと思います。

 

 

仕事だけが人生ではない、趣味も娯楽も楽しむのが人生だと言う人がいますが、

 

しかし、私が思うには、それは本業に打ち込むことができない人が、


その代替として、趣味などに自分の喜びを見出そうとしているだけで、


決して本望ではないはずです。

 

 

私は豊かさを達成できるのは、


本業に真面目に、真剣に打ち込むことによって、


その本業の中に喜びを見出してこそ、


プロとして仕事も人生も全うできるのだと信じています。

 

 

 

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク