サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


一日15分でも心を静める時間を持つ | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
一日15分でも心を静める時間を持つ

完璧主義を貫く(パーフェクトを求める心が不動産投資の自信を生む)

財務諸表の真実が経営者の迫力を生む

物事の本質を追求すると不動産投資の失敗を防げる

不動産投資をする人としない人では価値観が違う

貸家業を究めることによって不動産投資の真理が見えてくる

不動産投資の因果応報の法則  

一日15分でも心を静める時間を持つ


一日15分でも心を静める時間を持つあれこれ

 

 

 

 

人間の本質を問い詰めていくと、


最後には真善美になってきます。

 


人間の本質はどうしても、


真善美に惹かれます。

 

 

 

真実を愛するというのは人間の本質が真実だからです。

 

 

みんなに良く思われたいのは、


本質がもともと善だからです。

 

美しいものに惹かれるのは、

 

本質が美しいからです。

 

 


さて、サラリー大家さんは毎日くたくたになって、


働いている人が多いと思います。

 


私もそうでしたがサラリーマンで中堅ともなると、


殺人的スケジュールで動いているものですので、


日々心が休まる間がないぐらいかもしれません。

 


サラリーマンをしながら大家さんをしている場合、


大半の方が忙しさのせいで、


イライラしていらっしゃるかもしれません。

 


イライラした状態では経営は絶対できません。

 

 

 

何かを判断するときは、心を静めることが、

 

絶対に必要になってきます。

 

 

 

特に、サラリーマンと大家さんの2足のわらじを履いている人は、

 

一日15分でいいから殺気だった心を静めなければなりません。

 


もちろん昼間はすさまじいエネルギーで、

 

仕事をしなければなりません。

 


仕事は、楽しく、遊び心でいきましょうというものではないです。

 

 

経営というのはすさまじいもので、

 

寸刻を争うような激しい闘魂が要ったりします。

 

 

だから、生半可な心で経営をすると、


負傷しますので、それならやらないほうがましです。

 


経営にはすさまじい勇気や度胸が要ったりします。

 

 

ライバル相手にどんなに手ごわい相手が現れるかしれません。

 

 

負けることを承知でも、


相手の足にしがみついてでも戦う勇気がなければ、


本当のところ経営にはならないはずです。

 


そういうすさまじい気迫をもって、


寸借を惜しんではたらくという日常を生きていれば、


せめて一日最低15分位は心を静める必要があります。

 


静める時間は多ければ多いほどいいわけです。

 


大事なことは、静めることを義務つけることです。

 


そんなすさまじい勢いで生きている中で、


心を静めることで、心の中の


本質に触れられる時間が生まれてくるのだと考えます。

 


ある人は瞑想と言うかもしれませんし、


ある人は座禅という方法を使って心を静めておられます。

 


よく忙しい経営者の方が、お寺に行き、


老師に志願して参禅しておられるのも、


実はこのことからだったりします。

 

 

イライラした状態では、正しい判断はできません。

 

 

人間の本質とは真善美という言葉で表されるものであり、


本質に触れれば、人は正しい方向に行くわけです。

 

 

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/2392
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク