サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


不動産会社が賃貸経営をしない理由 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
不動産会社が賃貸経営をしない理由

不動産のプロがしないアパート経営をなぜ素人の人ができるのですか

不動産会社社員は、投資物件を買うのか
不動産会社が賃貸経営をしない理由


不動産会社が賃貸経営をしない理由についてあれこれ

 

 

 

 

そもそも、いい物件があるというならば、


なぜ業者は買わないのかという疑問があります。

 


不動産会社の社長や社員は、アパートなどの投資用物件は、

 

ローンが付きにくいので、いい物件があっても、

 

買えなかったりします。

 

 


仲介に徹するのは元手が少なく、


リスクがないからです。

 


 

また、効率を求めます。


 

アパート一件売るのも、一戸建てを一件売るのも、

 
手間は変わりません。

 


どちらかと言えば、金額の大きい集合住宅を、


投資家に売りたがるのですね。

 

 

なぜなら仲介手数料の占める割合が決まっているので、


より大きい物件は大きく仲介手数料が得られるからです。

 


一戸建てや区分マンションよりも、


一棟アパート、一棟マンションなどの収益物件は、


金額が大きいので、大きく仲介手数料が稼げます。

 

 

 

投下資金の早期回収が目的ですので、

 

不動産業者は基本的に、短期転売できる物件しか、

 

購入しないものです。

 

 

 

また不動産会社は、土地を仕入れて建物を建てて、


最終的には一般の方に販売します。

 

 

いわゆる不動産屋さんは、


売却益狙いを前提とした融資を受けることによって、


成り立っています。

 

 

 

賃貸にすれば、家賃収入があるのだから、売れなくても、


所有を続ければいいのではないかと思われますが、


不動産経営には、様々な出費や経費がかかりますので、


家賃収入だけで、賄えることが出来ません。

 

 

それは業者は借入金で物件を購入していきすので、


借入金返済のために、基本的に仕入れた値段に付加価値を付けて、

 

買値よりも高い値段で売却して、利益を出さなければ、

 

借入金の返済ができませんので、最初にかけた費用を、

 

家賃収入という少ない果実得る戦法は取れません。

 

 

 


不動産屋さんがよく利用する、


プロジェクトローンとは、不動産会社が、


銀行から融資を受ける一つの形態で、


一年間や半年などの一定期間、


借入金の金利だけを支払い、


期日が来れば全額返済するものです。

 


 

不動産屋さんの中では、マンション業者や建売業者が、


よく利用しているローンです。

 

 

では、銀行にとって不動産会社へのプロジェクト融資の狙いは何か、


エンドユーザーへの融資(住宅ローン、アパートローン)を、


取るための手段ということになるわけです。

 

 

 

 

不動産を売って早期に資金を回収しなければ、


不動産屋さんは、会社にお金が残らないばかりか、


資金ショートしてしまいます。

 

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/2402
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク