サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


不動産投資 自己資金を早く回収する方法 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
不動産投資 自己資金を早く回収する方法

不動産投資 自己資金を早く回収する方法

 

 

 

 

不動産投資は、投下した自己資金を、


早く回収することを、重視する必要があります。

 

 

 

そのためには、最初に選ぶ物件によって、


その後の投資のスピードが早くなったり、


遅くなったりします。

 

 

最初に区分マンションや、木造築古物件を購入すれば、


それだけ自己資金を、多く使うために、


その後の自己資金の回収に時間を要し、


次の物件の購入が思うように、


行かなくなるパターンにもなったりします。

 


自己資金を早く回収するために取り組む物件として、


RC一棟ものが、非常に適した物件になります。

 

 

 

不動産投資のメリットは、少ない自己資金でも、


購入物件を担保にして、銀行から融資を引き出して、


自己資金の何倍もの価格の物件を、


購入することが可能なことです。

 

 

 

不動産投資において、自己資金を早く回収するには、


レバレッジを効かすことによってのみ可能になります。

 

 

 

キャッシュフローを、多く得るためには、


融資期間を、長期に組んだり、


金利を低くしたりしなければならないはずです。

 

 

 

ローンを組む時は、いかに満額に近く、


長期で低金利のローンを、


組めるかが、カギとなってきます。

 


現在は、若年人口の減少が急速に進み、


大学の移転や企業の撤退などで、


わずかの間に賃貸環境が、


一変してしまうことも起こりえます。

 

 

 

そんな状態で賃貸業を続けていくためには、


予測を上回る膨大な資金を、修繕費用や、


空室対策に投入しなければならない事態に、


追い込まれるかもしれません。

 

 

そうでなくても大家さんは自分たちの生活や、


入居者の安全を守らなければなりません。

 

 

ところが借り入れに依存する資金の調達は、


政府や銀行の政策や方針といったものに、


直接の影響を受けます。

 

 

新しい物件の購入や設備などの拡大のための投資が、


こんな事情によって、実施しにくいものとなりかねません。

 

 

したがって大家さんは必要に応じて使える自己資金を、


十分に温存しておかなければならないはずです。

 

 

そのためには投下資金を早く回収して、


賃貸業の安全を図る指標である自己資本比率を、


高くしておかなければならなくなります。

 

 

不動産投資の多くは、


借入金が膨大になるため、


実際の資金繰りは苦しく、

 

いつも資金が不足している大家さんも多くいます。

 

 

したがって、なるべく早く投下した自己資金の回収を図って、


自己資本比率をいつでも高くしておく必要があります。

 

 

家賃収入はどうなっているかというのは、


経営者がいつも考えておく必要があるでしょう。

 

 

 

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク